人気ブログランキング |

2007年 03月 07日 ( 1 )

ちょっと前の話になってしまい恐縮ですが・・・。

2月22日~3月4日に札幌でノルディックスキー世界選手権が行われていました。

ポーランドでスキーといえば、ジャンプのAdam Małysz(アダム・マウィシュ)選手の名前が挙がるほど、特にジャンプが注目されています。

そんなスキージャンプ、今回は私もテレビで応援していました。もちろん一番に応援していたのは日本人選手達で、団体戦の銅メダルには本当に感動しました(^^)

そして3月3日のノーマルヒル。
ポーランドのマウィシュ選手が2回とも大ジャンプを見せて、ダントツで優勝しました!

私が感動したのはその後です。

マウィシュ選手は以前はよく勝っていて、優勝しても当たり前、という感じでそれほど喜びを表しませんでした。
しかし、ここ2~3年は低迷していて、もう選手生命も終わりかとささやかれたほどです。

そんなマウィシュ選手が今回、世界ノルディックで優勝し、まず優勝を決めた瞬間、後輩のKamil Stoch(カミル・ストッフ)選手に抱きつかれ、一緒に大喜びしました。
その後、2位のアマン選手(スイス)、3位のモルゲンシュテルン選手(オーストリア)に抱えられて皆に喜びの挨拶をしました。
更に表彰式では、2位のアマン選手(スイス)、3位のモルゲンシュテルン選手(オーストリア)が飛び上がって喜びを表現したのと同様、マウィシュ選手も子供のように飛び上がって大喜び、大はしゃぎしたのです!

私はそんなマウィシュ選手の姿を初めて見たので驚いたのと同時に、何だか嬉しく思いました。もしかしたら、今までは優勝して当たり前、というプレッシャーに押されて、笑顔も出なくなっていただけなのかもしれないなと思ったからです。
低迷期を乗り越えて、ようやく心から優勝をかみ締めることができたのかもしれません。

また是非飛び上がって喜ぶマウィシュ選手の姿を見たいなと思った瞬間でもありました。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
by poziomka | 2007-03-07 03:04 | スポーツ