ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

2005年 12月 26日 ( 2 )

クリスマスイブの料理

続けてクリスマスイブに食べたお料理をご紹介します。

イブの日の様子は以前ホームページの方に記しましたので、そこから抜粋します。
------------------
 イブの日は朝から何も食べない家庭もあるそうです。私達は朝食は食べましたが。断食をしてイエス様が生まれる時を待つのです。夕方、イブの食卓の準備をします。食卓には人数分プラスもう一人分の食器が並べられます。これは、貧しい人(=イエス・キリスト)がいつ来てもごちそうを出してあげられるようにとの意味があります。
 イブの夜、空に一番星が現れたらごちそうの始まりです!まず、opłatek(オプワテック=聖餅)という教会で頂ける、薄くて白いウェハースのようなものを家族みんなで分けながら健康や幸せを祈る言葉をかけあいます。そしてごちそうを食べ始めます。ごちそうを食べ終え、お腹がいっぱいになったら今度はお楽しみのプレゼントです。Gwiazdor(グヴィアズドル)がやって来て、プレゼントを置いていきます(^^)というのは子供がいる家のことで、私達はプレゼントを渡し合いました。大抵はクリスマスツリーの下にプレゼントが置かれています。
 クリスマスイブからクリスマスへと日付が変わる夜中の12時、教会ではpasterka(パステルカ)と呼ばれるクリスマスの特別なミサが行われます。クリスマス賛歌(kolęda=コレンダ)がたくさん盛り込まれ、とても華やかです。私は歌えませんが、CDなどでよく聞いていたので口ずさんだりしました。私は歌がたくさんあるこのパステルカがとても好きです。教会の祭壇には大きなツリーとszopka(ショプカ=キリストが誕生した馬小屋の様子を再現したもの)が飾られていました。
-------------------

イブのご馳走についても、以前ホームページに記したものがありますので抜粋します。
------------------
 イブの料理のメインディッシュは鯉です。ポーランドではイブには肉料理を食べてはいけません。今年から肉料理も解禁されましたが、「ポーランドの伝統」ということで、肉料理を食べない家庭も多かったようです。そのかわりにメインとなるのが鯉。年に1度、クリスマス前にはスーパーでも市場でも鯉が売られ、行列ができるほどです。魚が好きな私にとってはとても嬉しい季節なのです。「年に1度しか食べられない」からかえってとてもおいしく感じる、というポーランド人も多いようです。私はポーランドで初めて鯉を食べました。鯉は骨が大きく、しかも細かい骨もたくさんあるので少し食べづらいです。それをポーランドではフォーク2本を使って上手に食べています。私は「箸が欲しい・・・」と何度思ったことか。ちなみに、我が家では鯉はムニエルにしましたが、他にもスープにしたり、galaretka(ガラレトゥカ)という煮凍りのような料理にしたりする家庭もあります。
サワーキャベツときのこは、普段は肉の脂を使って炒め、煮るのですが、この日ばかりは肉の脂も使えないので、バターを使います。その為か、味もいつもと違ったおいしさを出します。
----------------------

さて、クリスマスイブの夜には全部で12皿の料理を食べる、という伝統があるそうですが、我が家では今年もそんなにたくさんは作りませんでした。

↓まずバルシチ(Barszcz(バルシチ))です。ビーツ(ビート)という野菜を使ったスープで、ポーランドの代表的な料理です。中に入っているのはuszka(ウシュカ=ピエロギ(ポーランド風餃子)の一種です。)です。
e0039206_22295692.jpg


↓次にきのこのスープ(Zupa grzybowa(ズーパ・グジボーヴァ))です。きのこがたっぷり入っています。マカロニを入れて頂きます。
e0039206_2231287.jpg


↓3つ目のスープである果物のスープ(Zupa owocowa(ズーパ・オヴォツォーヴァ))です。
リンゴ、アンズ、すもも、レーズンなど乾燥果物を含む様々な果物がたくさん入ったスープですが、こちらもマカロニを入れて頂きます。もうお腹がいっぱいになってきました(^^;)
e0039206_22324236.jpg


↓そしてメインディッシュの鯉です。ムニエルにしてあり、添えてあるのはサワーキャベツときのこ、そしてマカロニです。おいしかったですが、もうかなりお腹がいっぱいです。
e0039206_22344320.jpg


この後、果物のデザートがあったのですが、もうこちらはしばらく時間を置いてから食べました(^^;)

ポーランドでは「クリスマスケーキ」という習慣はありませんが、各家庭で様々なケーキを焼くようで、我が家でもけしの実ケーキ、チーズケーキなどをクリスマスのおやつに食べました。
[PR]
by poziomka | 2005-12-26 22:37 | 日常

クリスマスの街の様子

皆様、素敵なクリスマスを過ごされましたでしょうか。

ポーランドでは今日26日は「クリスマス第2日目」ということで祝日、まだまだクリスマスです。明日から通常の生活に戻ります。
私はこのクリスマスイブとクリスマスの2日間でご馳走にケーキにとたくさん食べたので胃が疲れ気味です(^^;)お正月三が日の3日目といったところでしょうか。

今日はクリスマスの写真を一挙公開したいと思います。

まずはクリスマスの街の風景から。

↓こちらは「スフィンクス」という人気のあるレストランです。サンタさんがよじのぼっているのが見えますか?ちょっと泥棒のようにも見えますが・・・(^^;)
ちなみにこちらのレストランでおいしいのは「Shoarma(ショアルマ)」というケバブ料理です。
e0039206_2264415.jpg


↓こちらは「W.KRUK」という宝飾品店です。お店自体がプレゼントであるかのようにリボンで飾られているのがかわいいですね。
e0039206_2281525.jpg


↓こちらは「Stary Browar(古いビール工場)」という名前のデパート内部です。こちらにも大きなクリスマスツリーが飾られています。
e0039206_2294644.jpg


↓私達の住むポズナンの旧市街には今年も大きなszopka(ショプカ=キリストが誕生した馬小屋の様子を再現したもの)が建てられていました。
e0039206_2211471.jpg

e0039206_2212282.jpg


クリスマス前に雨がたくさん降ったため、残念ながら雪は全て溶けてしまい、ホワイトクリスマスにはなりませんでしたが、街を歩けばクリスマスの雰囲気を十分楽しめました。

別記事でクリスマスのご馳走の写真をご紹介します。
[PR]
by poziomka | 2005-12-26 22:15 | 日常