ポーランド映画「おやすみ、クマちゃん」

ポーランドの子供たち(そしてかつて子供だった今の大人たちも)なら誰でも知っているポーランドの人形劇「Miś Uszatek(邦題:おやすみ、クマちゃん)」が、今日8月4日より東京都写真美術館ホールで公開されているようです。

映画として公開されていますが、ポーランドのテレビ(Telewizja Polska(ポーランドテレビ))では、10分ほどの短いお話で、主人公のクマがその日に起こった出来事を語る形式で進んでいきます。

原題の「Miś Uszatek」ですが、「Miś」は「クマちゃん」という意味で、「Uszatek」は「折れ曲がった耳」という意味です。人形を見るとわかると思いますが、主人公のクマさんは左の耳が垂れています。

こちらが、今回日本で公開されるために作られたホームページです。↓
映画「おやすみ、クマちゃん」公式サイト 

こちらには、1975年~1987年にかけて制作されたとありますが、今でもポーランドのテレビで放映されており、これからも末永く皆に愛されていく番組だと思われます。

夫も子供の頃に見たそうで、勧められて私もポーランドで見たことがあります。クマの声を演じる俳優さんの声がとても柔らかく、耳に心地よいので、子供だったらこの声を聞きながら眠りについてしまうな~と思いました。

日本では吹き替え版で公開されるようなので、もしオリジナルが見たい方はYoutubeなどで探してみてはいかがでしょうか。

↓ 公開される東京都写真美術館のURLを貼っておきます。
東京都写真美術館


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-08-04 22:49 | テレビ・映画