デカローグ

最近、TV Polonia(テレビポローニャ)やTVP Kultura (ポーランドテレビ・カルチャー)といったチャンネルで(どちらもTVP(ポーランドテレビ局)の番組です。)ドラマ「デカローグ」が放送されていました。
ご存知の方も多いと思いますが、「デカローグ(Dekalog)」は今は亡きクシシュトフ・キェシロフスキ(Krzysztof Kieslowski(苗字の最初のsの上にアクセント記号が入ります。)監督の作品で「十戒」という意味です。モーゼの十戒にのっとって、10の作品からなっています。(1988年の作品です。)

これまで私は2~3作しか見ていなかったので、この機会を利用して全て見ました。
この「デカローグ」はどの作品もわりと見る者に考えさせておいて終わったり、ハッピーエンドではなかったり、と見終わった後に何となく重い感じが残るようなものばかりだったのですが、先日最後に見た10番目の作品は爽やかな気分で見終わることができたのでご紹介したいと思います。

十戒の10番目の戒めとは
「Ani zadnej rzeczy, ktora jego jest.(他人の物を欲するな)」です。(文字化けを防ぐため、ポーランド語特有の文字を記号なしの文字に置き換えてあります。)

イェジーとアルトゥールの兄弟の父親が亡くなり、父親がたくさんの価値ある切手を収集していたことを知ります。この切手を売って借金を返そうとする二人でしたが、この切手がいかに価値のあるものか、いかに父親の大切なものだったのかを知り、売るのをやめ、一方で彼ら自身も切手収集に魅かれていきます。そんなある日・・・。

今はベテラン俳優のJerzy Stuhr(イェジー・シュトゥール)とZbigniew Zamachowski(ズビグニェフ・ザマホフスキ)が兄弟役で主演、そしてなんと、Jerzy Stuhr(イェジー・シュトゥール)の息子のMaciej Stuhr(マチェイ・シュトゥール)がイェジーの息子役で出演していました。
マチェイさんは今は立派な俳優として活躍しているので、17年も前に親子で出演していたのかと思うと感慨深いものがありました(^^)まだ子供のマチェイさんはとてもかわいかったです。でも話し方は今とほとんど変わりありませんでした!その頃からもう立派な俳優への道を歩まれていたのですね。
ちなみに、Zbigniew Zamachowski(ズビグニェフ・ザマホフスキ)さんは日本でも知られているキェシロフスキ監督の「トリコロール・白の愛」に主演されています。
また、Jerzy Stuhr(イェジー・シュトゥール)さんは、アメリカのアニメ映画「シュレック」の中でロバの声を演じているので、ポーランドの子供達の間では「ロバ」と呼ばれているそうです(^^)

「デカローグ」のどの作品にも、今は名の知れた俳優さん達が出演されているので、キェシロフスキ監督は先見の明があったのでしょうね。「デカローグ」がこの俳優さん達の出発点だったと言っても過言ではないかもしれません。
機会があれば是非「デカローグ」をご覧になってみてはいかがでしょうか。いろいろと考えさせられます。
日本では「デカローグ DVD-BOX」というものが売られているようなので、「リンク」に追加しておきました。ご興味のある方はのぞいてみてください。
[PR]
by poziomka | 2005-08-19 01:35 | テレビ・映画