ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

Niedziela Palmowa(棕櫚(しゅろ)の主日)

昨日(4月1日)はNiedziela Palmowa(棕櫚(しゅろ)の主日)で、いよいよ復活祭まであと1週間を切りました。(このことについては、先日少し記事にしているのでそちらをご覧ください。→ KAZIUK 2007

ポズナンの旧市街では、大きなイースターエッグ(ポーランド語ではpisanka(ピサンカ)といいます。)が並んでいました。

e0039206_0524073.jpg



その向こうには何やら像が立っています。

e0039206_0531823.jpg



像の下では、民族衣装を着た方々が民族音楽を演奏していました。

e0039206_0541782.jpg



肝心の、教会でお清めしてもらう飾りですが、以前の記事で紹介した色とりどりの飾りはわりと新しい習慣なのだそうです。
義母は伝統的に、ネコヤナギをお清めしてもらっていました。

e0039206_056233.jpg




e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-04-03 00:58 | 日常

ポーランドでのちょっとした出来事や読書のことなどを綴っていきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30