ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

次はサクランボの季節

イチゴの季節が終わり、サクランボの季節がやって来ました。

私はイチゴもサクランボも大好きなのでとても嬉しいです(*^o^*)

こちらがこの夏初めてのサクランボ ↓
e0039206_21484951.jpg


ポーランドでは初物を食べる時には、誰かに耳たぶを触ってもらうという習慣があるので、私達もまずお互いに耳たぶを触ってもらってから食べ始めました(^^)



ところで、ポーランドにはサクランボが二種類あります。

一つは『czereśnia(チェレシニャ)』という普通にそのまま食べられるサクランボ。上の写真のような色のもあれば、日本のサクランボのような黄色がかった赤色のサクランボもあります。

もう一つは『wiśnia(ヴィシニャ)』。こちらはそのままでは酸っぱいので、コンポート(果物の砂糖漬け)にしたりジャムにしたり、またはケーキに入れたりして食べます。


ちなみに、ポーランドで日本の『桜』を指す言葉は、この2番目の『wiśnia(ヴィシニャ)』。

日本という国のことを『Kraj kwitnącej wiśni(桜咲く国)』と表現することもあります。とても美しい表現なので、私はこのポーランド語が気に入っています。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-07-16 21:55 | 日常