人気ブログランキング |

ローマ法王ポーランド巡礼(その2)

ポーランドを訪れているローマ法王ベネディクト16世ですが、既に、ワルシャワ、チェンストホーヴァ、ヴァドヴィツェの訪問を終えられました。

ポーランド国営放送である、TVP(ポーランドテレビ)は朝から晩までずっと特別番組を組んでいて、今、車でどの辺りを走っているのか、ヘリコプターでどの辺りを飛んでいるのか、まで詳しく中継しています。

初日のワルシャワでのミサは最初のうち、あいにくの雨でしたが、たくさんの人が集まっていました。後でニュースで聞いた所によると、夜中の2時過ぎから待っていた人もいたとか。そして特別に設置された救急テントに最初に運ばれてきた患者さんはなんと明け方4時だったそうです。

雨もたくさん降って、とても寒そうでしたから、凍えてしまった方も多かったようでした。

昨日のニュースで紹介していたのですが、今回のローマ法王ポーランド訪問はドイツ、イタリア、ギリシャなどのヨーロッパ各国メディアも注目しているそうなのですが、アジアからは日本が取材に来ているそうです!インタビューを受けていたのは朝日新聞の女性記者の方でした。

ところで、今回のローマ法王ポーランド巡礼で、一番メディアが注目しているのは、最終訪問地のアウシュビッツだそうです。
ドイツ出身のベネディクト16世が、”ローマ法王”としてアウシュビッツを訪れることには大きな意味があるからです。

今日は、ローマ法王は午前中に、前法王ヨハネ・パウロ2世が19歳まで住んでいた町ヴァドヴィツェ(Wadowice)を訪れ、前法王ヨハネ・パウロ2世が19歳まで住んでいた家で今は博物館になっている場所も訪れていました。

↓ こちらの写真は、そのヴァドヴィツェでの様子です。
e0039206_2149779.jpg

e0039206_21492191.jpg

たくさんの人々が訪れているのが見えるでしょうか。

若者の教会離れが心配されているポーランドですが、ローマ法王が訪問される場所全てに多くの若者が集まっていました。

もう80歳近い法王様ですから、さすがに今日は疲れの色が見えていました。それでも常に集まった人々に笑顔を見せ、ミサではポーランド語を混ぜて話をする姿にはとても心を打たれました。きっと多くのポーランド人の心もつかんだに違いありません。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
by poziomka | 2006-05-27 21:55 | ニュース