ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

昨年のクリスマスは東京で過ごした私達。
今年は2年ぶりにポーランドのクリスマスを楽しみました。

ポーランドのクリスマスといえば「コイ料理」!
去年一番恋(鯉?)しく思ったのが、この料理です。
恋しさ余って、今年はクリスマスイブの晩餐と、翌クリスマスのお昼にもコイのムニエルを食べました^^
コイは骨が多く、特に娘が喉に骨を刺してしまわないか毎年心配で気が気ではないのですが、とてもおいしかったです。

いつもと変わり映えしませんが、今年のイブに作ったお料理をご紹介します。

↓ 赤バルシチにザウワークラウト(酸っぱい発酵キャベツ)とキノコの入ったウシュカ(uszka)というポーランド風ラビオリを浮かべて。
e0039206_19502038.jpg

↓ キノコのスープ
e0039206_19504272.jpg

↓ ドライフルーツを使った果物スープ。毎年イブの食卓にはマカロニを入れてスープとして出しますが、残りは翌日コンポートとして食べました。
e0039206_19505315.jpg

↓ メインディッシュはコイのムニエルにキャベツとキノコの煮込みを添えて。
e0039206_19510511.jpg
↓ おまけ(?)で作った「魚のギリシャ風(Ryba po grecku)」です。魚はタラを使いました。
ニンジンと根パセリとタマネギを炒めたものにトマトソースで煮込み、冷ました後、間にタラのフライを挟んでいって、味を染み込ませます。一晩寝かせたほうが味が染みておいしいので、いつも食べる前日に作っているのですが、今年もおいしくできました^^
e0039206_19511640.jpg
e0039206_19512735.jpg

↓ 食べ物ではありませんが、2年ぶりのポーランドのクリスマスツリーです。今年はほとんど娘がひとりで飾り付けてくれました。
いつの間にか娘が大きくなっていて、ツリーが小さくなったように見えました。
e0039206_19500823.jpg

[PR]
by poziomka | 2016-12-29 20:10 | 日常 | Comments(0)