ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

あっという間に今年もあと1日半ほどになってしまいました。
(日本はあと少しで最後の1日ですね!)

私たちの今年の後半は、ポズナンとグダンスクを行ったり来たりの生活になって、大忙しでしたが、振り返ってみれば充実した1年だったように思います。

さて、クリスマスのお話を少し。

12月初旬をグダンスクで過ごした私たちがポズナンに戻ってきたのが22日のことでした。
朝9時頃にグダンスクを出発したのですが、ポズナンに近づくにつれて、外がだんだん白っぽくなってくると思ったら、なんと雪が積もっていました!
グダンスクでは雪がまったくなかったので驚きました。
エヴェリナも車窓から見える雪景色に大はしゃぎ^^

このままホワイトクリスマスに?!という期待はすぐに裏切られ、その後気温は上昇。雨まで降ったりして、結局外の気温が5度ほどの暖かなクリスマスとなりました。
ただ、せっかくのクリスマスに今年は義母が留守にしていて、初めて最初から最後まで私と夫だけで準備することになってしまったのですが、いつものクリスマスを思い出しながら、結構うまくできたように思います。

↓ 今年は、エヴェリナが率先してクリスマスツリーの飾り付けをしてくれました。
e0039206_20452724.jpg


↓ できあがったクリスマスツリー。
e0039206_20455040.jpg


↓ クリスマスイブのごちそう一皿目は「ウシュカ(ピエロギ(ポーランド風餃子)の小さいバージョンでキャベツときのこ入り)の入った赤バルシチ」
e0039206_2046880.jpg


↓ 二皿目は「きのこスープ」
e0039206_20463110.jpg


↓ 三皿目「果物スープ」
e0039206_20465470.jpg


↓ メインの「鯉のムニエルときのこ入りキャベツ、マカロニ」
e0039206_20471431.jpg


実は、私が調理したのは、鯉のムニエルと、あとは食材を切ったりしたくらいで、スープやキャベツを調理してくれたのは夫でした。
グダンスクで「単身赴任」生活を送っていた間に、料理に目覚めたようで(笑)

エヴェリナも少しずつ全部きれいに食べてくれて、みんな満足のクリスマスでした。


----------------------
今年はあまりブログを更新することができませんでしたが、たくさんの方に読んでいただき、どうもありがとうございました。
来年は新たにグダンスクでの生活の様子をお届けすることになるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎えください!


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2011-12-30 20:47 | 日常 | Comments(2)

幼稚園探し

気がつけば1ヶ月以上も更新していませんでした!
ポズナンとグダンスクを行ったり来たりしたり、年末の大量の仕事に埋もれていたりしている間に、こんなに時間が流れてしまっていたなんて!!

私たちは1月から本格的にグダンスクに住むことになりそうですが、その前に10月と11月に1週間ずつ「単身赴任」の夫のところへ滞在して来ました。
11月の滞在では、「幼稚園見学」という大事な目的を果たすことができました。

エヴェリナは来年4歳になるので、来年から幼稚園に行かせようと思っています。
ただ最近、幼稚園の申し込みは早ければ早いほうがいい、とか、申し込みの日に朝から並んでいなければ受からない、とか、いろいろな情報が飛び交っていたので、心配になり、とりあえず住むことになる場所の近くにある幼稚園に出向いてみたいと思っていたのでした。

近くには公立の幼稚園がひとつと私立の幼稚園がひとつあることが分かりました。

公立は無料なのですが、昨年辺りから、規定の時間をオーバーすると有料になることになりました。
私の仕事は在宅ですし、無料の時間だけ預けられればいいと思っていたのですが・・・。

なんと無料の時間帯(8時~13時)だけではまず受け入れられないとのこと!
両親とも遅くまで働いていて、遅くまで子供を預けなければならない人から優先的に入れるという話でしたが、現実には、「お金をたくさん払ってくれる人」から優先的に、という話のようです・・・。
そのほかにも参加するしないにかかわらず支払うのが、英語の授業料。また、給食費や「親の会」のようなものにも毎月払うとかで、総額で‘1ヶ月300ズロチ(約7500円)以上かかってしまいそうです。
その上、公立幼稚園は市内一括で申し込みをするため、近くの幼稚園を第一志望にしていても、遠くの第二、第三志望の幼稚園に飛ばされる可能性もあるのだとか。

もうひとつの私立のほうは、カトリック系の幼稚園で、修道女さんたちが経営されているものでした。
こちらは私立だけあってとても高いと思っていましたが、朝から夕方までどれくらい預けても追加料金はなく、一律で1ヶ月400ズロチ(約1万円)とのこと。
何より差別のない子育てをモットーにしているとのことで、エヴェリナはやはりハーフなので、最初はこういうところのほうが安心かなと思いました。

正式な申し込みは来年春以降なので、まだ他にも別の幼稚園を見つけるかもしれませんが、今は公立幼稚園の現実に驚いているところです。

関係ないですが、以前ポズナンで見つけたかわいらしい幼稚園をご紹介します。
その名も「Miś Uszatek幼稚園」!
Miś Uszatekといえば、日本でも紹介された「おやすみくまちゃん」の主人公です。

↓ 外観はこんな感じ。
e0039206_18493715.jpg

e0039206_18495856.jpg



P.S. 先日、今年3歳のエヴェリナの七五三をしました。
実家の両親が、私が七五三のときに着たお着物を送ってくれたので、着せてみました。
エヴェリナは初めてのお着物に大喜びでした。
e0039206_18525672.jpg



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2011-12-09 18:53 | 日常 | Comments(4)