ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

ポズナンの観光客

私達の住むポズナンは、ポーランドの西側に位置しており、ワルシャワへの距離とベルリンへの距離がほぼ同じという位置関係になっています。

ポーランドがEUに加盟して以来、ヨーロッパの西側諸国からの観光客がとても増えました。ポズナンでも団体観光客をよく見かけます。近いだけあって特にドイツからの観光客が大変多いように思われます。




↓ こちらは、2月の終わりに見かけたツアー観光客です。
e0039206_2105061.jpg


ドイツ語が聞こえてきたので、ドイツからの観光客だと思われます。
こういうツアーがあるのは、日本でもヨーロッパでも同じなのですね。




↓ こちらは個人旅行者のようです。
e0039206_25697.jpg


ポーランド人学生も長期休暇の前など大きなリュックサックを背負って帰省するので、一見旅行者かどうか分かりませんが、彼らは別の言語を話していたように思います。

これからどんどん暖かくなり、観光客も増えることでしょう。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-31 02:08 | 日常 | Comments(9)

以前も書いたかもしれませんが、ポズナンには「Stary Browar(スターリイ・ブロヴァル=古いビール工場)」という名の大きなデパートがあります。
そのデパートがあった場所には元々本当にビール工場がありました。私がポズナンに留学に来た2001年にはちょうどそのデパート建設工事の最中でした。
そして2003年秋、デパートがオープンしました。

↓ これが2003年にオープンした部分です。(以前の記事で使った写真で代用します。)
e0039206_155337.jpg


私は最初、これが完成形だと思っていたのですが、そのデパートの脇ではまだ何かの建設工事が進められていました。
これが今回オープンした「古いビール工場」の新しい部分です。

この新しい部分はつい先日、3月11日(日)にオープンし、何か催しがあるとのことだったので、私達も行ってみたいと思っていました。
しかし、残念ながら夫が体調を崩してしまい、行かれませんでした。
(後で聞いた所によると、この日はビールが無料で振舞われ、何人のお客さんがこのビールを飲むかでギネスに挑戦していたそうです。夫はこれを聞いてとても残念がっていました。)

さて、この新しいStary Browarに、私達もオープンから1週間後の18日に行って来ました。

オープン1週間前にここを通った時は、来週に本当に間に合うのかしら、と思ったほど散らかっていましたが、行ってみるとすっかりきれいになっていて驚きました。

↓ 新しい部分の正面玄関です。
e0039206_1133890.jpg

e0039206_113581.jpg

ちょうど、私達と同じ時にやって来た人も私と同じように写真を撮っていました(^^)

↓ 中に入ってみると・・・
e0039206_1151828.jpg

e0039206_1153958.jpg

e0039206_116621.jpg


↓ 新しい部分と古い部分は連絡通路でつながっていて、中庭にはこのようなものが置かれていました。
e0039206_117820.jpg

ここがビール工場だったことを思い起こさせますね。

↓ その隣には時計台がありました。
e0039206_1175114.jpg


さて、肝心の中の様子ですが、3階建てでとても広く、ぐるっと回っただけで疲れてしまうほどでした。あまりアトラクションがない(?)ポズナンですが、この新しいStary Browarで当分楽しめそうです(^^)

一番私の興味を引いたのは、「Kuchnie świata(世界の料理)」というお店があったことです。スペースは小さかったのですが、中に入ってみると商品の半分以上は日本食関係だったのではないでしょうか。日本から直輸入と思われるカレールーや調味料までありました。でもこれらは日本で売られているそのままのパッケージで、ポーランド語訳も英語訳もつけられていませんでした。これではポーランド人にはきっと作ることができないでしょう・・・(^^;)ちなみにこのカレールーは日本円に換算して1箱600円以上もしました!
他にも、冷凍庫には「sashimi」と書かれたマグロや「寿司セット」というエビやタコのお刺身セットが売られていて驚きました。
また、イギリスから輸入されたと思われる醤油やお米も売られていて、いざという時にとても便利だなと思いました。
それにしても、これら日本食関係の品は皆驚くほど高かったので、やはりこれらの品はポーランド人向けではなく、ポーランド在住の日本人向けなのかなと感じました。


↓ このデパートのホームページを載せておきます。
Stary Browar

e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-28 01:28 | 日常 | Comments(12)

夏時間になります。

3月に入ってからどんどん日が長くなり、一方で、夜は10時過ぎに眠くなり始め、朝は7時前に目が覚めてしまう、という生活になりました。
まだ夏時間になってはいなくても、体がもう夏時間を感じているということでしょう。

そんな体が迷ってしまう季節も今日(24日)でおしまいです。

明日(3月25日)からは夏時間が始まります。正確に言うと、今日から明日にかけての夜中の2時に変わるのだったと思いますが・・・。

夜10時というのは夜11時になり、朝7時というのは、朝8時に変わります。
そして日本との時差は8時間から7時間に変わります。

ちなみに、今日は夕方6時半になってもまだ少し明るかったので、明日からは夜7時半まで明るいということになります。これからどんどん日が長くなっていくのが楽しみです!

気温の方も、先日の大雪が嘘のように今日は暖かく、12度くらいまで上がりました。
今度こそポーランドにも春がやって来るでしょう。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-25 02:27 | 日常 | Comments(4)

もう春なのに・・・。

昨日(3月21日)は春分の日でした。ポーランドでも「Pierwszy dzień wiosny(春の初日)」ということで、暦の上、カレンダー上では春が始まりました。

しかし、昨日のポーランドはとても寒く少し雪が舞っていました。

そして、「春2日目」の今日、朝カーテンを開けると雪が!しかも粉雪などというものではなく、ボタン雪のような大きな雪が舞っていて驚きました。




e0039206_3222123.jpg

e0039206_3224175.jpg

e0039206_3225935.jpg

e0039206_3231779.jpg






先週までプラス20度近い暖かさだったことを考えると、今朝は0度でしたから、この1週間で15度以上下がったことになります。

いつになったら本当の春になるのでしょうか・・・?急激な気温の変化で体を壊さないようにしたいものです。


P.S. 写真追加しました。(3月23日)

e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-23 02:37 | 日常 | Comments(10)

KAZIUK 2007

少し前の話になりますが、3月4日の日曜日のことでした。旧市街の方へ行ってみるとなにやらにぎやかです。
何か面白いものが見られるかも!と思ってわくわくしながら行ってみると、そこには市場が広がっていました。

入ってみるとこんなに人がたくさん!
e0039206_273970.jpg

e0039206_275632.jpg


市で売られていたものは・・・
e0039206_21433.jpg

e0039206_214266.jpg

e0039206_2145623.jpg


これは棕櫚(しゅろ)というヤシ科の植物に飾り付けをした、復活祭に使う飾りで、ポーランド語では「palma(パルマ)」といいます。

復活祭一週間前の日曜日は「棕櫚(しゅろ)の主日」という日です。なぜ棕櫚かといえば、キリストがエルサレムに入城した際、民衆がこの枝を持って出迎えたことに由来するそうです。この日、きれいに飾り付けされたこの棕櫚を持って教会に行く人々の姿を見ることができます。教会でこの飾りを聖水でお清めしてもらうのです。

さて、市をぐるっと見て回ると、旧市庁舎の前に出ました。旧市庁舎にはポーランドのシンボル、大きな白鷲の紋章が掲げられていました。
e0039206_2183327.jpg


その大きな紋章に見とれていると、何やら中世の時代から抜け出してきたような人達がやって来ます。
e0039206_2193814.jpg


中に入って行ったので、もう見られないのかと思ったら、上のバルコニーから出てきてくれました。中央は王様のようです。
e0039206_2202983.jpg


下ではかわいらしい子供達が笛で演奏しています。
e0039206_221061.jpg


その並びには民族衣装を着た年配の方々が並んでいました。
e0039206_2215646.jpg


いつもは正午にしか出てこないからくり時計のヤギさんも、この日はまだ11時半だというのに出ていました。
e0039206_2224258.jpg


全体の風景はこんな感じです。
e0039206_2232033.jpg


この後も特設ステージなどで様々な催しもあったようですが、私達はこれを見て帰りました。

後で調べたところによると、これは「KAZIUK(カジュック)2007」という伝統的な市だそうです。ヤギェウォ王朝の聖カジミェシュの「名前の日」を祝うものだとか。メインは復活祭の棕櫚の飾りとヴィルノ(Wilnoリトアニアの首都。リトアニアでの地名は「ヴィリニュス」)の黒パンだったようです。ヤギェウォ王朝の頃、リトアニアとポーランドは連合王国を築き上げていました。

↓ こちらでこの市に関する記事が読めます。
KAZIUK 2007 - Kiermasz z palmami i czarnym wileńskim chlebem (KAZIUK(カジュック)2007―棕櫚飾りとヴィルノの黒パンの定期市)


今までこんな催しがあるなんて知りませんでしたが、偶然行った旧市街で思いがけずこのような市が見られてよかったなと思いました。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-19 02:36 | 日常 | Comments(2)

先日、私がポーランド語で書いているブログの方に、「招き猫」について書いて欲しいというコメントがあったので、そのことを書いてみました。
ポーランドにはもちろん「招き猫」というものはないので、とても興味深いようです。

ところで、ポーランドにも幸せを運んでくれるマスコットがあります。

それは、象のマスコット

私達も結婚した時や結婚記念日の時に、義両親からガラスでできた素敵な象の置物を頂きました。

e0039206_1882018.jpg


ポーランドでは高校を卒業する時にMatura(マトゥラ)と呼ばれる卒業試験があり、その成績次第で行かれる大学が制限されます。

毎年その時期になると(5月頃)、日本で大学センター試験の様子が映し出されるように、テレビのニュースでその試験の様子が映し出されます。その時に目に付くのは、ほとんどの生徒の机の上に置かれている小さな象のマスコットです。

今年もまたマトゥラの季節がやってきます。ゾウのマスコットも大忙しの季節になりますね。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-16 18:13 | 日常 | Comments(13)

先日ポズナンの町を歩いていたら、こんな車が展示されていました。



e0039206_0305610.jpg




よく見ると、「MILICJA」と書かれています。
e0039206_032317.jpg



Milicja(ミリツィヤ)とは、共産主義時代の警察のことです。

何をするための車かと夫に聞いてみました。

これは、「armatka wodna(アルマトカ・ヴォドナ)」といって、直訳すると「水の大砲」。
つまり、共産主義時代によく起きた暴動の時に警察がこの車を使って、人々に向けて水をかけたそうです。

言われてみれば、以前昔の写真などで見たことがあるなと思いました。

共産主義時代のことは、今の生活からは想像もできません。
この車が置かれていた場所の近くにあるミツキェヴィチ広場では、合わせて「共産主義時代の暴動などの犠牲者」の肖像写真と短い略歴が書かれたボードが展示されていました。若い犠牲者も多かったです。

戦争の記憶を風化させてはいけないといいますが、共産主義時代にあった出来事も風化させてはいけないのだと感じた日でした。



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-13 00:48 | 日常 | Comments(6)

学校・教育フェア

少し前の話になりますが、2月16日(金)~18日(日)の3日間、「Targi Edukacyjne」(学校・教育フェア)というのが、ポズナンの国際見本市会場で開かれていました。

大学で働く夫も17日(土)にブースに行かなければならないというので、私もついていってみました。夫をブースに残して、私は一人で見学です(^^)

今回の見本市は、主にポズナンの幼稚園~大学を紹介・宣伝するものだったのですが、大学では、ワルシャワ大学を始めとするポーランド各地の大学のブースも出ていました。他にもイギリスやアイルランド、オーストラリアなどの外国の大学のブースも出展していて驚きました。

まずは大学の出典会場から。
入ってみるとまず人ごみにびっくり。
e0039206_1561767.jpg

私立の学校のブースにわりと人が集まっていました。
e0039206_1581657.jpg


ポーランドでは国立大学がメインで、私立大学は日本とは違ってまだまだ専門学校のように見えます。しかし、どの私立の学校もかなり派手に宣伝していました。

夫の所属するポズナンのアダム・ミツキェヴィチ大学歴史学部のブースです。
e0039206_20969.jpg


こちらはロンドン大学のブースのようです。
私は高校生くらいに間違えられたのか(?!)なぜかアイルランドの大学のブースにいた年配の方から、にこやかに大学のパンフレットを手渡されてしまいました(^^;)
e0039206_223466.jpg


こちらは幼稚園~高校の出典会場です。
e0039206_254279.jpg


こちらでは高校生(?)による出し物もあり、こんなものが見られました。
e0039206_264331.jpg

e0039206_272418.jpg


何と、屋内にまで入って来て行進していました!
e0039206_28219.jpg


児童書出版社も出展していました。
手前に見えているのは、ポーランドで「ハリー・ポッター」を出版している会社です。
e0039206_291849.jpg


常に翻訳したい児童書を探し求めている私としては、この児童書出版社の会場は魅力的なもののはずでしたが、特に目新しいものも見つかりませんでした・・・。残念!
e0039206_2104029.jpg


会場にいたのは2時間ほどでしたが、たくさん歩き回ったのと、人ごみがすごかったのとで、家に帰ったらクタクタになってしまいました。

でもポーランドの学生の様子を垣間見ることができてなかなか面白かったです。
特に、高校生の大人っぽさには驚かされました。

・・・一人で会場を歩き回り、写真を撮っていた私は、会場の他の人達の目にはどのように映っていたのでしょうか・・・?ちょっと気になりました(^^;)


↓ 参考までに、今回の「学校・教育フェア」に関するサイトを貼っておきます。
XI TARGI EDUKACYJNE (第11回学校・教育フェア) ポズナン・国際見本市会場のHPより

XI Targi Edukacyjne Poznań 2007 (2007年第11回ポズナン学校・教育フェア) ポズナン教師センターのHPより


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-10 02:24 | 日常 | Comments(6)

ちょっと前の話になってしまい恐縮ですが・・・。

2月22日~3月4日に札幌でノルディックスキー世界選手権が行われていました。

ポーランドでスキーといえば、ジャンプのAdam Małysz(アダム・マウィシュ)選手の名前が挙がるほど、特にジャンプが注目されています。

そんなスキージャンプ、今回は私もテレビで応援していました。もちろん一番に応援していたのは日本人選手達で、団体戦の銅メダルには本当に感動しました(^^)

そして3月3日のノーマルヒル。
ポーランドのマウィシュ選手が2回とも大ジャンプを見せて、ダントツで優勝しました!

私が感動したのはその後です。

マウィシュ選手は以前はよく勝っていて、優勝しても当たり前、という感じでそれほど喜びを表しませんでした。
しかし、ここ2~3年は低迷していて、もう選手生命も終わりかとささやかれたほどです。

そんなマウィシュ選手が今回、世界ノルディックで優勝し、まず優勝を決めた瞬間、後輩のKamil Stoch(カミル・ストッフ)選手に抱きつかれ、一緒に大喜びしました。
その後、2位のアマン選手(スイス)、3位のモルゲンシュテルン選手(オーストリア)に抱えられて皆に喜びの挨拶をしました。
更に表彰式では、2位のアマン選手(スイス)、3位のモルゲンシュテルン選手(オーストリア)が飛び上がって喜びを表現したのと同様、マウィシュ選手も子供のように飛び上がって大喜び、大はしゃぎしたのです!

私はそんなマウィシュ選手の姿を初めて見たので驚いたのと同時に、何だか嬉しく思いました。もしかしたら、今までは優勝して当たり前、というプレッシャーに押されて、笑顔も出なくなっていただけなのかもしれないなと思ったからです。
低迷期を乗り越えて、ようやく心から優勝をかみ締めることができたのかもしれません。

また是非飛び上がって喜ぶマウィシュ選手の姿を見たいなと思った瞬間でもありました。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-07 03:04 | スポーツ | Comments(2)

ポーランドで皆既月食

3月3日(土)の朝、その晩22時半頃からポーランドを含む、ヨーロッパ、アフリカ、中東などで皆既月食が見られるというニュースを読みました。

それで、朝から楽しみにしていました。

午前中は太陽も出て、比較的よい天気だったので安心していたのですが、午後になって段々と雲がかかってきて・・・夜にはすっかり曇り空になっていました(涙)

夜10時半になって月が見えるようだったら外に出てみようと思っていたのですが、窓から見た空はあいにくの曇り空。せっかくの天文ショーを見ることができず、とっても残念でした。

次回ポーランドで月食が見られるのは来年、2008年2月21日だそうです。しかし、素晴らしい月食が見られるはずだった今回に比べると、それほど条件はよくないようです。

それでも、もし来年の2月21日にポーランドにいらっしゃる予定の方は、このことを覚えておいて、ポーランドで月食を楽しまれてはいかがでしょうか(^^)

ちなみに、ポーランド語で月食は「zaćmienie księżyca(ザチミェーニェ・クシェンジーツァ)」といいます。


今回の月食に関するポーランドの記事はこちら ↓
Zaćmienie Księżyca (月食) (ポーランド語検索サイトOnet.plより)


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2007-03-05 17:57 | 日常 | Comments(2)