ポーランドでのちょっとした出来事や読書のことなどを綴っていきます。

by poziomka

<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Gwiazdorの真実

度々このブログやホームページで、「ポーランドでは12月6日にサンタクロース(Świent Mikołaj(聖ミコワイ))がやって来て、クリスマスにはGwiazdor(星からやって来た人)がやって来る」と書いていましたが、少し間違っていることが分かりました!

どうして分かったかというと、ポーランド語版ブログの方に、「ポーランドでは、クリスマスにはGwiazdorがやって来ると聞いたけれど、サンタクロースと同じような格好をして、同じように煙突から家に入ってくるのでしょうか?」というようなことを書いたのです。

すると、すぐに何人かのポーランド人からコメントが入り・・・












「Gwiazdorはポズナンを含むWielkopolska(ヴィエルコポルスカ)県にやって来る」










とのことでした!


Gwiazdorのお話は、私がポズナンに住んでこそ知ることができたもののようです。

ちなみに、そのポーランドの方達のコメントをまとめると・・・

ワルシャワ → サンタクロース(ミコワイキと合わせて2回やって来るようです。)

シロンスク地方 → 子供のイエス様

Zielona Góra(ジェローナ・グラ(ポズナンと同じくポーランド西の町) → Gwiazdor

その他どこの地方か分かりませんが・・・ → 天使、星

もっと調べればいろいろと出てくるかもしれませんが、私のブログに書かれたコメントからは以上のことが分かりました。

クリスマスにプレゼントを持ってきてくれるのはサンタクロースだと思っていた私には、同じポーランドという国のなかでも様々な人(物)がプレゼントを持ってきてくれることを知り、とても興味深いなと思いました。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-28 19:16 | 日常 | Comments(10)
クリスマスはどのように過ごされたでしょうか。

ポーランドでは今日(26日)までクリスマスの祝日です。24日(クリスマスイブ)、25日(クリスマス第1日目)、26日(クリスマス第2日目)となっているのです。

例年の通り、今年のクリスマスもイブの夜から食べっぱなしで、お腹がちょっぴり疲れてきました(^^;)

イブのご馳走はいつもと同じでしたので、今年は写真を撮りませんでした。去年もブログに記事を書いていますので、よろしければそちらをご覧ください。 ↓
クリスマスイブの料理

今年のクリスマスは、やはり暖かく、ホワイトクリスマスとはいきませんでした。昨日の夜からちょっと寒くなり始め、今朝は霜がおりていました。霜が降りるのも随分久しぶりだなと思ってしまいました。

クリスマスの準備などで忙しくて、先日のクリスマス市の記事が中途半端になっていたので、最後にあの氷の彫像の出来上がった写真を載せておこうと思います。

といっても、私達がもう一度会場である旧市街に行ったのは翌日だったので、氷は少し溶けてしまっていましたが分かる程度に残っていました。

1番目の彫像です。作っている最中に撮ったものもこれに近い形だったので、出来上がる直前だったのかもしれません。
e0039206_2342194.jpg


2番目の彫像は残念ながら壊れてしまっていました。不安定な形だったので、下のほうから溶けて、崩れてしまったのかもしれません。

3番目の彫像です。カバーがかけられていてあまりよく見えませんでしたが、一応・・・。
e0039206_23443716.jpg


4番目の彫像です。こちらもカバーがかけられていましたが、見えました!クリスマスツリーとトナカイでした(^^)
e0039206_23452632.jpg


最後に5番目の彫像です。こちらは作っている最中はこけしのようで、何を作っているのかわかりませんでしたが、天使の像でした。
e0039206_23461460.jpg


ちなみに、クリスマス市の間中いたサンタさんとトナカイさんは22日のクリスマス市終了と共にいなくなってしまいました。

また、ショプカにいた本物のロバとヤギも作り物に代わっていました。

どちらもクリスマス市だけのアトラクションだったようです。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-26 23:48 | 日常 | Comments(2)
クリスマス前ですので、ポーランド語版「きよしこの夜」をご紹介したいと思います。

ポーランド語のタイトルは「Cicha noc(チーハ・ノツ)」で、「静かな夜」という意味です。ちょうど英語のタイトル「Silent Night」と同じですね。

それでは、歌詞です。(ポーランド語テキストの下に振った「ふりがな」は実際の発音とは少々異なる箇所もあるかと思いますが、ご了承ください。)
---------------------------------
1. Cicha noc, święta noc!
(チーハ ノツ シフィェンタ ノツ)
Pokój niesie ludziom wszem,
(ポクイ ニェーシェ ルージョム フシェム)
a u żłóbka Matka Święta
(ア ウ ジュウプカ マトゥカ シフィェンタ)
czuwa sama uśmiechnięta
(チューヴァ サマ ウシミェフニェンタ)
nad Dzieciątka snem. (2 x )
(ナト ヂェチョントゥカ スネム)

静かな夜、聖なる夜!
全ての人々のもとへ静けさが運ばれ、
飼い葉桶のところでは、聖母が
微笑みながら
幼子が眠るのを見守っている

2. Cicha noc, święta noc!
(チーハ ノツ シフィェンタ ノツ)
Pastuszkowie od swych trzód
(パストゥシュコーヴィェ オト スフィッフ トゥシュット)
biegną wielce zadziwieni
(ビェグノン ヴィェルツェ ザヂヴィェーニ)
za anielskim głosem pieni,
(ザ アニェルスキム グウォセム ピェニ)
gdzie się spełnił cud. (2 x )
(グヂェ シェン スペウニ ツット)

静かな夜、聖なる夜!
牧人達は自分の群れから
驚きを隠せずに駆け出している
天使の歌声の向こうで
奇跡が起こったその場所で

3. Cicha noc, święta noc!
(チーハ ノツ シフェンタ ノツ)
Narodzony Boży Syn!
(ナロゾーヌィ ボージィ スィン)
Pan wielkiego majestatu
(パン ヴィェルキェーゴ マイェスタートゥ)
niesie dziś całemu światu
(ニェーシェ ヂシ ツァウェーム シフィァートゥ)
odkupienie win. (2 x )
(オトプシュチェーニェ ヴィン)

静かな夜、聖なる夜!
神の御子がお生まれになった!
例えようもなく偉大な世の主が
今日世界中に
罪を許すということを運んでくる

4. Cicha noc, święta noc!
(チーハ ノツ シフェンタ ノツ)
jakiż w tobie dzisiaj cud,
(ヤキシュ フ トービェ ヂシャイ ツット)
w Betlejem Dziecina święta
(ヴ ベトゥレイェム ヂェチーナ シフィェンタ)
wznosi w górę swe rączęta
(ヴズノーシ ヴ グーレン スフェ ロンチェンタ)
błogosławi lud. (2 x )
(ブウォゴスワーヴィ ルット)

静かな夜、聖なる夜!
今日はあなたになんて素晴らしい奇跡が起きたのか
ベツレヘムで聖なる御子が
その小さな手を掲げ
人々を祝福してくださる
--------------------------------

歌詞はポーランド語でも、曲はもちろんお馴染みの「きよしこの夜」と同じですから、今年のクリスマスはポーランド語の「きよしこの夜」に挑戦してみてはいかがでしょうか・・・?


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-23 03:06 | 日常 | Comments(4)
今日もクリスマス市の続きです。

キリストの生まれた馬小屋を再現したショプカの向かい側、旧市庁舎の前では特設舞台上で子供たちがクリスマスソングを歌っていました。
e0039206_215474.jpg


その舞台の隣には、大きなクリスマスツリーがありました。きっと夜になったらきれいなランプが灯るのでしょう。
e0039206_224352.jpg


こうして一通り見たので、もう一度展示されているものを見つつ帰ろうとした時、クリスマス市のテントの向かい側にも人だかりができているのに気がつきました。

近づいてみると・・・











e0039206_24081.jpg










なんと、サンタクロースとトナカイが展示されていました!

もちろん生きています!本物です!


サンタさんは寒そうで、固まっていました(^^;)

今年のクリスマス市の中で、一番驚いた展示でした。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-23 02:05 | 日常 | Comments(6)
今日もクリスマス市の続きです。

広場には今年も大きなszopka(ショプカ=キリストが誕生した馬小屋の様子を再現したもの)が建てられていました。

周りは人でいっぱいです。
e0039206_0351592.jpg


中の様子は例年と同じでした。(等身大の大きさです。)
e0039206_0374290.jpg

e0039206_038247.jpg

e0039206_038141.jpg


ひとつ違うのは、今年は本物の動物がいたことです!

向かって左側にはロバが・・・。ほとんど動いていなかったので、最初は作り物かと思ってしまいました(^^;)
e0039206_039344.jpg


そして、右側にはヤギがいました。こちらはうろちょろ動き回っていました。
e0039206_040180.jpg


ショプカの向かい側には鐘が飾られていました。
e0039206_041769.jpg



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-22 00:41 | 日常 | Comments(2)
クリスマス市の続きです。

氷の彫像フェスティバル会場のすぐ脇では、熱々のバーベキューが売られていました。
カウボーイハットのおじさん達がおいしそうなソーセージなどを売っていました。
e0039206_28434.jpg


また、こんな車も発見。スノーボードの会社の車のようでした。上に乗っているのは一瞬人かと思ってしまいましたが、人形でした(^^;)
e0039206_293240.jpg


こちらがクリスマス市のテントです。クリスマス市と聞いて、広場いっぱいにお店が広がっているのかと思っていたのですが、このテントだけで、こじんまりとしていました。でも中はかわいいクリスマス飾りやクリスマス料理用の調味料などでいっぱいでした。
e0039206_211851.jpg

e0039206_2111972.jpg



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-21 02:11 | 日常 | Comments(0)
ポズナンでは、12月16日(土)~22日(金)まで「Betlejem Poznańskie(ポズナンのベツレヘム)」として、旧市場広場(Stary Rynek)で、クリスマス市他クリスマスに関する様々な催しが開かれています。

情報はこちらでも見られます。 ↓
Betlejem Poznańskie (ポズナンのベツレヘム)

初日の16日(10時~16時)に「Festiwal Rzeźby Lodowej(氷の彫像フェスティバル)」というのがあるというので、行って見ました。

広場にはこのようなゲートができていました。ゲートの向こうに氷を削っている人達の姿が見えます。
e0039206_191954100.jpg


氷の彫像は全部で5組の人達が作っていました。(行く前はもっとたくさんの人が作っているのかなと思っていましたが・・・)

10時開始で、私達が行ったのは12時前ですから、開始から2時間ほど経っています。

こちらが一組目。製作者は休憩中のようです。
e0039206_19214067.jpg


二組目。これは何の形でしょう。
e0039206_1922125.jpg


三組目。これはペガサスでしょうか。
e0039206_19223719.jpg


四組目。これはまだ何になるのか分かりません。
e0039206_19225561.jpg


五組目。こちらはもうクリスマスツリーのような形ができあがっていますが、もうひとつは何でしょう?
e0039206_19233471.jpg


氷の彫像フェスティバルの他にもいろいろあったので、少しずつ写真を紹介していきたいと思います。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-20 19:26 | 日常 | Comments(0)

プレゼントの中身です!

お待たせしました!プレゼントの中身です。

私はこの「プレゼント広告」を見た時から、絶対ブログに書こうと決めていて、2週間くらい待ちました(*^^*)

待ちに待って、出てきた2枚目のポスターがこちらです。 ↓
















e0039206_17439.jpg





ということで、正解(?)は、「電気屋さんが商品を最大半額にまで値引きする」という広告でした。

この広告の電気屋さんではありませんが、今日、別の電気屋さんに行ってみたら、店内はいつも以上の人出で、レジにはいつもの倍以上の人が並んでいてびっくりしました。

ちなみに、今日は「Złota niedziela(黄金の日曜日)」というクリスマス前最後の日曜日で、いつもの日曜日は閉まっている様々なお店が開いていました。それで、通りもいつもより多くの人でにぎわっていました。

日本では年末、つまり大晦日に向けて慌しくなっていきますが、ポーランドではクリスマスイブに向けて慌しくなっていきます。クリスマスのお料理作りに大掃除。

準備は大変ですが、今年のクリスマスはどんな風になるか、楽しみでもあります。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-18 01:14 | 日常 | Comments(4)
ポーランドでは、大きな広告があちこちに飾られています。

その広告の中でいつも面白いな~と思っているのが、2枚組みのポスターです。

どういうことかというと、1枚のポスターがまず1~2週間飾られます。そのポスターを見ただけでは、何の広告か分からないようになっていて、例えば暗号のような言葉だけが書かれていたりします。

その後、2枚目のポスターに張り替えられ、そうして初めて何の広告だったかが分かるのです。


先日、そんな宣伝広告の「クリスマスバージョン」が張り出されました。

それがこちらです。 ↓







e0039206_1473443.jpg







いかにも2枚目のポスターがこの後に用意されているといったこの広告。

プレゼントの中身が何だったのかは、明日のお楽しみ、ということで(^^)

ポーランドにお住まいの方はどこかで見たことがあるかもしれませんので、どうか明日まで内緒でお願いしますね m(_ _)m


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-16 01:50 | 日常 | Comments(0)

戒厳令から25年・・・

1981年12月12日から13日に日付が変わる夜中、ポーランドで高まる民主化運動に対抗して、将軍であったヤルゼルスキ(Jaruzelski)首相が戒厳令を発令しました。そして軍事評議会が設置されたのです。

戒厳令はポーランド語では「Stan wojenny」といいます。

それから25年。12日から13日に日付が変わる夜中にテレビでは特別番組が組まれ、各地で式典が開かれました。

戒厳令は1983年7月に解除されるまで続きましたが、この戒厳令以降、結果的にポーランドはずっと民主化への道をたどっていき、民主化運動の波は抑えられませんでした。

こちらで25年前の写真が見られます。 ↓
Stan wojenny - Wasze zdjęcia (戒厳令 ― 読者からの投稿) ポーランド検索サイトOnet.plより

25年というと、戒厳令の時に生まれた子供がもう大学を卒業して社会人になっている年ですね。

特別番組では、この頃民主化運動に参加されていた方々も出演されていましたが、この歴史的大事件を風化させて欲しくないと語っていました。

平和な日本で生まれ育った私には、ポーランドが民主化するまでにこんなにも重い出来事がたくさんあったということに今更ながら驚いています。

せっかく縁あってポーランドに住んでいるわけですから、もう少しポーランドの歴史を知らなければならないなと思っている所です。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-15 02:07 | ニュース | Comments(3)