ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

本の日

日本はゴールデンウィークの真っ最中、ポーランドでも「majówka(マユフカ)」と呼ばれる大型連休の真っ最中ですが、私は妊娠中期から後期にさしかかり、段々疲れやすくなってきたため遠出はできず、ポズナンの中心街を散歩する程度にとどまっています(><)
連休中に近くの動物園くらいは行きたいな~と思っていますが・・・。

というわけで、今日は連休とは関係なく、ちょっと前のお話。

4月23日は「światowy dzień książki(世界本の日)」でした。
e0039206_23535230.jpg


本好きの私達夫婦は、毎年この日を楽しみにしています。
というのも、この日は様々な書店で特別セールを行ったり、掘り出し物の本が見つけられたりするからです。
去年だったか、おととしだったか、ポーランドの大型書店Empikに行ったら、ちょうど「日本関係の本セール」があって、夫の研究用の本、ということもあって大量に買ってしまいました。しかし、値段は「3冊で2冊の値段」ということで、とても得をしたのを覚えています。

そんなこともあって、今年もEmpikに行って見ました。

・・・しかし。今年は面白い特別セールは何もなく、店内の様子はいつもと変わりませんでした。

でもこれだけはあったのです! ↓
e0039206_23575758.jpg


「3冊買って2冊分の値段」

これだけ見ると、安い本2冊と高い本1冊で、その高い本1冊分が無料になるかも、とわくわくしてしまいますが、実はこれにはからくりがあって、「一番安い本を無料にします」という注意書きがあるのです。

それで私達は同じような値段の本を3冊買って、まさに「3冊で2冊分の値段」を払って帰りました(^^)

来年の「本の日」は興味深い特別セールがあればいいな~と思います。



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2008-05-03 00:03 | 日常