ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

妊娠生活日ポ比較

ポーランドもだいぶ暖かくなり、今日のポズナンは日中20度近くまで上がりました。
町を歩いていても、Tシャツ姿の人が多く見られましたが、私にはまだそこまでの暑さには感じられません(笑)

22日(火)にポーランドで初めての妊婦健診に行って来ました。
担当の先生は、昨年の日本出発前にお世話になっていた先生だったので、不安はなかったのですが、どんな健診をするのか、というところでちょっぴり心配でした。

健診では、日本では毎回あっても、ポーランドでは何回するか分からないという超音波検査(エコー)(ポーランド語ではUSGといいます)をしてもらえたので、嬉しかったです。
でも、日本では
「鼻が高いみたいね~」
とか
「手足を動かしていて、かわいいわね~」
とか
毎回先生がいろいろコメントしてくれていたのですが、
こちらの先生は、
「ここが頭、これが手。これが心臓で元気に動いているから大丈夫!」
という感じで終わってしまい、夫共々拍子抜けしてしまいました。
それで、エコー写真をもらえるのかどうか聞くのも忘れてしまい・・・(><)
それにしても、ポーランドがあっさりしすぎているのか、日本が細かく説明しすぎるのか・・・?

さて、子供が欲しいな~と思うようになってから、道端で妊婦さんを見かけると目に留めていたものですが、実際自分が妊娠してからはもっと見るようになりました。
仲間意識というのでしょうか(^^)

それで気がついたのですが、ポーランドの妊婦さんのお腹はとても目立つのです。
どうしてかなと思ったら、日本では安定期に入る戌の日以降「腹帯」という腹巻のようなものをお腹に巻いて、お腹や腰を守るように言われるのですが、ポーランドではそういうのはないらしく、普通にTシャツなどを着ているのでお腹がとても目に付くのです。

また、私はワンピースやジャンパースカートのようなマタニティウェアを日本で買って、それを着ているのですが、こちらでは、ジーパンなどズボンの人ばかりです。しかもどうも普通のジーパンをせり出たお腹の下にウェスト部分がくるように履いているように見えます。
だからいっそうお腹が目立って見えてしまうのかもしれません。
今のところ、ベビー服のお店は見つけても、マタニティーウェアのお店は見つけていないので、ポーランドでマタニティウェアはあまりないのかも・・・??と思い始めていますが・・・。

というわけで、日本で初めての妊娠生活前半を過ごした私には、これからもまだまだカルチャーショックがあるような気がしてなりません(^^;)
でも、元気な赤ちゃんを産みたい気持ちはどこの国も一緒。
ポーランドでの妊娠生活後半も楽しめたらいいなと思っています。

ちなみに、日本にいた時に聞いた話ですが、ねずみ年はまさに「ネズミ算式に」、赤ちゃんがたくさん生まれるとか。そして、夫が聞いた話によると、今年はポーランドはベビーブームになりそうだというのです!
ということは、私たちの子どもは、将来日本に住むことになっても、ポーランドに住むことになっても、いろいろと競争が激しくなりそうだな・・・と生まれる前から心配になってしまいました(^^;)


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2008-04-26 01:31 | 日常