ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

復活祭の日に

昨日(3月23日)は復活祭でした。
日本にいると、復活祭のことなど忘れてしまいそうになるほど、日本では馴染みのない、とても宗教的な行事ですが、今年の復活祭は私達にとって特別な日となりました。

復活祭というのは、亡くなった人の復活を祝い、また新しい命の誕生を象徴する日でもあると私は理解しています。

2007年のクリスマス、私達のもとに天使がやって来てくれました。
結婚5年半、待ちに待った赤ちゃんを授かったのです。
私の両親にも、夫の両親にもすぐに知らせ、私達はとても幸せでした。

そのわずか1か月半後の2月4日。
今度はポーランドから悲しい知らせが飛び込んできました。
夫の父が亡くなったとの知らせでした。75歳でした。ガンが見つかったということはその数か月前に聞かされていたのですが、生まれてくる孫の顔を見るためにも、きっとよくなってくれるものと思っていました。それだけに残念でなりませんでした。しかも、最期の時にそばにいてあげられなかったことも。

さらにそれから1か月後の3月12日。
生まれた時から私のことをとてもかわいがってくれた祖母が亡くなりました。
その10日前に97歳の誕生日を迎え、病院のベッドの上ではありましたが、一緒に誕生日をお祝いしてあげられたことがせめてもの救いだったと思っています。
春の暖かい時に逝きたいと言っていたという祖母。梅が満開になったぽかぽか日和の日の夜、眠るように逝ってしまいました。

私の大切だった二人の死に接し、私達が望んでいた一つの命を授かるためには二人の命を失わなければならなかったのかと悲しく思ったこともありました。
しかし、この二人の死の悲しみを和らげるために私達の赤ちゃんはやって来てくれた、との夫の言葉に、少し気が軽くなりました。

義父にも祖母にも生まれてくる赤ちゃんを抱いて欲しかったという気持ちは今でもありますが、私達の赤ちゃんは義父と祖母の両方に見守られているのだと思うと、とても心強く感じます。

お腹の赤ちゃんももうすぐ6か月になろうとしています。
両家に明るさをもたらしてくれるこの小さな命を、大事に大事に育てていきたいと思います。




e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2008-03-24 12:01 | 日常