ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

ポーランドの本再び

先日図書館でポーランドの本を見つけたお話を書きましたが、その時もう一冊ポーランドの本を見つけていました。
そちらはまさに私の専門の方で、小学校低学年向けの児童書です。
タイトルは「ネンディのぼうけん」。

タイトルを見ただけでは「こんな本ポーランドにあったかな~」と思ってしまいましたが、表紙の絵に何やら見覚えがあります(日本語版は「ぐりとぐら」で有名な山脇百合子さんの挿絵でしたが)。
夫がのぞきこんで一言。
「Plastuś(プラストゥシ)!」

e0039206_18314631.jpg


そうです。それは「おやすみ、くまちゃん」と並んで有名なポーランドの児童書、「Plastusiowy pamiętnik(原題:ネンディの日記)」だったのです。作者は有名な児童文学作家マリア・コヴナツカ(Maria Kownacka(1894~1982))です。

Plastuśは主人公の小学一年生の女の子、トーシャが粘土で作ったお人形で、トーシャの筆箱の中に、ネズミの形をした消しゴムや鉛筆、万年筆などと一緒に暮らしています。そんなトーシャやその友達と、Plastuśやその仲間たちの学校や家での小さなお話がたくさん詰まっている本です。

私がこの翻訳ですごい!と思ったのは、タイトルです。正確には、主人公のPlastuśの名前です。ポーランド語でも「Plastuś」などという単語はありません。「plastelina(粘土)」という単語からできた造語です。翻訳した内田莉莎子先生もそれをお考えになって、「粘土」という単語から「ネンディ」という名前を生み出されたのだと思います。

将来児童書を翻訳していこうと考えている私にとって、この名前の翻訳を見ただけでも、この本を図書館で見つけられてよかったなと思います。

ちなみにこの本は、1936年にポーランドで出版され、内田先生が翻訳されたのが1976年。既にポーランドでの出版から40年経っていたわけです。そして私がこの翻訳版を手にとったのが2008年ですから、さらに年月が過ぎています。それにもかかわらず、小学生の学校生活の様子は、今でも共感できるところもあり、とても楽しく読めました。

残念ながらこの日本語版は今は絶版になっていて、書店で見つけることはできませんが、図書館でもし見つけられたら、是非手にとってみてください。「おやすみ、クマちゃん」が気に入られた方なら、この本もきっと気に入られるはずです(^^)



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
Commented by フデ at 2008-03-12 23:50 x
ネンディの本、知ってますよ。私の町の図書館で借りて読みました。ずっと前なので筋はあまり覚えてませんが、ネンディが筆箱の中にあったことと、粘土でネンディと言う事は覚えていました。
ライロニアは今も図書館にありますよ。
それを読んだ頃に、タデウシ・コンヴィツキ(確かこういう名前?自信ありません)の和名、「ぼくはだれだ」と言う本も読みましたがそれはとても最後が衝撃的でした。これは素晴らしい本でした。
おやすみクマちゃんですが、ポーランド語の先生が日本に戻ってきたので、耳慣れさせるためにYOU TUBEで繰り返し見るようにしています。そうしたら、独特のクマちゃんのほのぼのした世界にはまってきました。あの中、とても居心地良くてどこか懐かしいです。実は最初、あまり面白くないなと思ってました。声もおっさん一人で一本調子ですし。しかし慣れてくると、その方が耳に心地よくなってきました。
Commented by poziomka at 2008-03-24 12:56
フデさん、
お返事が遅くなってすみません。
ネンディの本、ご存じだったのですね。後でインターネットで調べてみたら、結構「子どもの頃の思い出の本」として書かれている方が多くいらっしゃり、驚きました。
「ぼくはだれだ」という本は、大学生の時に図書館で借りて読んだ覚えがありますが、内容の方は実はあまりよく覚えていません(^^;)今読んでみたら違う印象を受けるかなと思っています。ポーランドに帰ったら、原書を探してみることにします。

ポーランド語の先生が戻られたのですね。私も、「おやすみクマちゃん」は一人のおじさんの声しかしないので、最初は違和感を感じていましたが、慣れると本当に心地よいですよね。子供達もあれを聞きながら眠りにつけそうです(^^)
by poziomka | 2008-03-12 18:52 | 読書 | Comments(2)