ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

ポーランドの鉄道

もう3月ですね。

一昨日は雪まじりのにわか雨が降ったのですが、昨日は気温が10度近くまで上がりました。急に気温が上がって、どんな服装で外に出たらよいのか分からなくなっています(^^;)

日本でも「三寒四温」という言葉がありますが、ポーランドでもこれから寒くなったり暖かくなったりを繰り返しながら、春に向かっていきます。

さて、今日も先日に引き続きポーランドの鉄道の写真をご紹介します。

12月に撮った写真なのですが、こうやって見ると、何だか緑色の草が生えていたりして春先のように見えますね(^^;)

e0039206_1829261.jpg

e0039206_18294568.jpg



こちらは一番右端の列車の先頭に何やら電光掲示板のようなものがついています。

e0039206_183023.jpg


よく見てみると、「POZNAŃ(ポズナン)」と書かれていました。行き先が書かれていたのでしょうか。とても新しそうな列車でした。
e0039206_18301573.jpg



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
Commented by フデ at 2007-03-01 19:27 x
 わああ、列車基地ですね。
ブルーと黄色のツートンカラーのは扉がたくさんあるところを見ると通勤電車っぽいですね。
 屋根がみな、すごくシンプルなんですけど、通風はどうしてるのかな・・・?日本の電車は屋根がごてごてしてるでしょ?。(冷暖房の装置とか、通風器などで)新幹線なんかはすっきり内蔵されてますけどね。
最新式の電車はとってもステキですね。
でもみながっしりと重厚な造りになってて素晴らしいです。
乗ってみたいなあ、フォン(警笛)やコンプレッサーの音を聞いてみたいですね。(こんなこと書いたら引かれそうだけど)
Commented by poziomka at 2007-03-05 18:08
フデさん、
私達の家からわりと近い所に、この場所があるので、よく列車を観察しています(^^)
ポーランドの列車には最近は乗っていませんが、暖房はあるけれど冷房はなかったように思います。窓を開ければ十分涼しいので。
暖房はあまり効かず、真冬に列車に乗った時、車内でも寒かったのを覚えています。逆に効きすぎて暑い場合もあるんですけどね。
新しいタイプの列車にはまだ乗ったことがないので乗ってみたいです。
以前、古いタイプの近距離列車に乗ったことがあるのですが、自分でドアを開けられてしまうので、ドアを全開にしてドア付近で風に涼んでいる若い人達を見たことがあります。私は怖くてなるべくドアから離れた所に立っていました(^^;)
by poziomka | 2007-03-01 18:39 | 日常 | Comments(2)