ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

冬なのに・・・

もう12月で、クリスマスが近づいているというのに、ポーランドでは暖かい日々が続いています。

いつもこの時期だと零下になり、雪が降ることも多いのですが、今年は日中の気温が10度近く、またはそれ以上にも上がるほどです。もしかしたら東京の方が寒いのでは、と思ってしまいます。

私達もまだまだ秋頃のコートを着ていて、真冬のコートはタンスに眠っています。

最近ニュースで見たのですが、植物までもが季節を勘違いして、芽を出したり、花を咲かせたりしているとか。

実は11月に一度気温がとても下がり、ポズナンでも初雪が降ったり、と冬の寒さが訪れていました。

植物はそこを冬だと思い込み、今暖かくなったので、もう春になったと勘違いしてしまったようでした。

今日のニュースでは、まだまだきのこ狩りができるとのこと。いつもは雪で覆われている森にきのこが顔を出していました。ポーランドのクリスマス料理にはきのこは欠かせません。そのクリスマス料理用のきのこを採りに行くのもまだ遅くはない、とそのニュースでは言っていました。

いつもは冬になると寒すぎて、早く暖かくならないかなと思うものですが、全然寒くならないとかえっていつもの厳寒の冬が恋しくなっています。
空を見ながら、また雪が見られるのを待っています。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-12-09 22:47 | 日常