ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

Polagra Farm(その2)

昨日に引き続き、「Polagra Farm」のお話です。

農業関係の見本市ですので、家畜やそれにまつわる展示品もありました。

こちらでは、馬具を展示していました。 ↓
e0039206_2217284.jpg


残念ながら、肝心の馬は見つけられなかったのですが・・・。いつも馬がいるので、今年はいなかったということはないと思うのですが。

馬は見つけられなかったのに、蹄鉄を作る実演をしているおじさんを見ました。 ↓
e0039206_22272031.jpg


馬が見られなかった代わりに(?)、牛はたくさん見られました(^^) ↓
e0039206_22233066.jpg


ダチョウもいました。 ↓
e0039206_2225787.jpg


このダチョウはとても人懐っこくて、私の目の高さまで頭を下げてきたので驚きました。
夫には、「ダチョウもアジア人が珍しかったんだよ」なんて言われてしまいましたが、真相は・・・??

大きな農耕具もたくさん飾られていて、子供達がはしゃいでいました。 ↓
e0039206_22284079.jpg


こちらは昔の農耕具。 ↓
e0039206_22292778.jpg


このような博物館の展示品もありました。

また明日、この見本市の写真を載せたいと思います。
見本市の写真は明日で終わりです。もう少しお付き合いくださいませ。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
Commented by フデ at 2006-10-24 20:43 x
見本市、いいですね。トラクターから動物、消防車みたいな宣伝カーやら民族舞踊まで、様々な催し、見世物があってすごく楽しそうですね。
 牛は臭くなかったですか?ダチョウは何のためにいたのでしょうか?ダチョウの羽が利用されているのでしょうか?
Commented by noel at 2006-10-24 22:18 x
こんばんは!見本市・・すごい!盛りだくさんなんですね。
ポーランドの農機具の巨大さに・・・びっくり(笑)人間の大きさの・・2~3倍はありますよネ?
日本の田植え機なんて・・・かわいらしいデスよね~。牛も・・大きいなあ。
Commented by poziomka at 2006-10-26 01:25
フデさん、
見本市はいろいろなものが一度に見られるのでなかなか楽しいです。
「国際見本市」とはいっても、実際やって来るのはポーランド人がほとんどでしょうか。でも地方の農家の方々が多いので、方言が飛び交い、一瞬聞こえてくる言葉がポーランド語か迷うほどでした。

牛は臭かったですよ~~(><)牛のパビリオンに入った途端に「ウッ」ときました(^^;)でもその臭い牛パビリオンでも普通に飲んだり食べたりしている人たちが・・・。
いつもそういう中で暮らしている人たちにとっては普通のにおいなんでしょうね。

ダチョウはその羽や皮を利用した製品や、ダチョウの卵を使った復活祭の飾りが置いてありましたよ。
Commented by poziomka at 2006-10-26 01:27
noelさん、
そうなんですよ。ポーランドの農耕具、すっごく大きいですよね?!
あのタイヤの大きさだけでも私より大きいですから(^^;)

牛も大きいですかね~?あんなに近くで牛を見る機会はあまりないので、つながれているとはいえ、近くを通って、写真を撮ったりするのはちょっぴり怖かったです。
by poziomka | 2006-10-23 22:31 | 日常 | Comments(4)