ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

暖炉

我が家には暖炉があります。

といっても使っているわけではなく、暖房は別にあるので、ほとんど飾りのようなものでした。

私はここに来て初めて暖炉を見た時、子供の頃に読んだ物語に出てくるような暖炉に感動してしまいました。

その後、暖炉の上には結婚式の写真を飾ったり、クリスマスにはミニクリスマスツリー、復活祭には羊の置き物を飾ったりしていました。

そんな暖炉が明日(16日)、とうとう壊されることになりました。

私達の住んでいる所はアパートのような共同住宅なのですが、上に住んでいる方々が新しい暖房を設置するのに、暖炉があると危険だとかいうことで、壊すことになったようです。

最初は、煙突とつながっている穴をふさぐだけという話もありましたが、それも大変なので、完全に壊してしまうことに。

この暖炉がなくなれば、部屋も広く使えるようになると思うのですが、見慣れた暖炉がなくなってしまうのがちょっぴり悲しくもあります。

今日は記念に写真をたくさん撮ってしまいました。

こちらがそのうちの一枚です。 ↓

e0039206_2312996.jpg




ところで、ポーランドでは暖炉がある家が多いので、1年に1回、煙突掃除屋さんが点検にやって来ます。

煙突掃除屋さんは黒いシルクハットに黒い作業服という独特の格好でやって来るので、まるで童話の中から抜け出してきたようです。

ポーランドでは、結婚式の日に煙突掃除屋さんが翌年のカレンダーを持ってその家を訪れると、その新婚夫婦は一生幸せに暮らせるという言い伝えがあります。

暖炉の点検ですので、大抵秋になるとやって来ます。

私達の結婚式は8月でしたので、全然関係ないな~と思っていたのですが、なんと、やって来たのです!こんなに早く来るのは珍しいと私達はもちろん、皆大喜びでした。

そんな私達も昨日(14日)、4回目の結婚記念日を迎えました。たいしたケンカをすることもなく、幸せに毎日暮らせているのは、あの煙突掃除屋さんのおかげかな~とふと思ったりもします。

これからも結婚した日の幸せ、喜びを忘れずに、いっそう幸せな日々を過ごしていけたらいいなと思っています。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
Commented by noel at 2006-08-16 09:50 x
素敵な暖炉の話ありがとうございます♪でもお気に入りのもの、家具などが取り壊しなどしなければならない・・というのは、とても寂しいものですね。暖炉の前のチラちゃん、「壊しちゃうの?」っていう顔ですね~。ポーランドでは結婚式に煙突掃除屋さんが来るんですか!!日本人にはわからない、習慣を知ることができました

きっと真っ黒の装束の煙突掃除屋さんは、目立つでしょうね~
結婚式の日には・・・!
結婚記念日もおめでとうございます!末永い幸せをお祈り申し上げます♪
煙突掃除屋さんは、家庭円満の素ですね!
Commented by poziomka at 2006-08-17 01:43
noelさん、
暖炉の取り外し工事は今日1日中やっていましたが、大工さんが30分に一回休憩している感じで、最後まで終わりませんでした(泣)明日も朝からやって来るそうです。

煙突掃除屋さんは初めて見た時、驚きましたよ。もう今はいない存在か、そんな昔ながらの作業服は着ていないと思っていましたから。とっても目立ちますから、遠くからでも分かりますよ~。

結婚記念日のお祝いコメントありがとうございます。もう結婚5年目なんて信じられませんが、これからも仲良くやっていきたいなと思います。
Commented by andrzej11 at 2006-08-17 18:31
 暖炉、いいですね。サンタさんが降りてくるには小さいようですが。
煙突掃除屋さんは入れるんですよね。
 シルクハットかぶった煙突掃除のポーランドの小さなお人形さんを持っていますが、そんなに縁起の良い存在とは知りませんでした。これからも大切にします。
 それと結婚五周年おめでとうございます。
末永く仲良くお幸せに過ごされますように。

昨日、FM放送でポーランドの女の子二人のアーラとトーラの演奏を初めて聴きました。九月に日本に進出するそうです。
まだ子供さんのようで、声がとても幼いですが上手です。また英語がネイティブスピーカーみたいに上手でした。どこに住んでいるのでしょうね?
ロシアのタトゥーみたいに人気が出るといいですね。
Commented by poziomka at 2006-08-18 01:39
フデさん、
暖炉が壊されていく途中で煙突に通じる穴を見たのですが、かなり小さく、小さな人形くらいしか入れなそうでした(^^;)共同住宅の暖炉(煙突)ですから、造りが違うのかもしれませんね。サンタさんが小さく変身できるのなら入れるかも?!
煙突掃除のお人形はきっとフデさんご夫婦にも幸せを運んでくれるでしょうから、これからも大切にしてくださいね(^^)
結婚記念日のお祝いコメントありがとうございます。

アーラとトーラという歌手は知りませんでした。今度調べてみますね。
Commented by poziomka at 2006-08-18 01:51
フデさん、
今、アーラとトーラについて検索してみました。そしたら、歌手としてのグループ名は「Blog27」でしたね!それなら聞いたことがあります。最近テレビで見て、面白いグループ名だな~~と思っていました。1992年生まれの14歳なんですね!びっくりです!!
私のポーランド語ブログにもよく小中学生くらいの子から書き込みがあるし、自分のブログ(日本のアニメのことを書いたブログが多いですが^^;)を宣伝している子もいるので、ポーランドの小中学生でブログを持っている子は多いみたいですね。彼女達もそんな世代なんでしょう。
今度テレビで見たらもっとじっくり見てみますね。
Commented by andrzej11 at 2006-08-18 23:16
アーラとトーラについてありがとうございました。
Blog27というグループだったのですね。すみません。
そちらでは人気なのですね。
そう言えば、ラジオでは11月27生まれなので27というのよ、とか言ってました。11月生まれだから今はまだ13歳ですね。どうりで子供の声でした。
日本のアニメがそちらで依然として人気なのですね。

有難うございました。
Commented by ちぇこらどか at 2006-08-19 19:51 x
poziomkaさんのお宅、暖炉があるのですね、素敵~!と思いながら読み進めていたのですが、取り壊されるのですね。愛着もあったでしょうから、寂しいですね。

ご結婚記念日、おめでとうございます!!!煙突掃除屋さんのお話、初めて知りました!メルヘンチックで素敵ですね。これからもお二人、幸せな日々をお送りくださいね☆
Commented by poziomka at 2006-08-21 01:57
フデさん、
そうですね。11月生まれですから、まだ13歳でしたね。それにしても、1992年なんてついこの間かと思っていたら、歌手デビューできるくらいの年の子に成長するくらいなんですね。びっくりです(^^;)
先日、「ウララ」(?)という歌のプロモーションビデオを見ましたが、確かに聞き覚えがありました。てっきり外国人かと思っていたら、ポーランド人だったんですね~。
Commented by poziomka at 2006-08-21 02:05
ちぇこらどかさん、
昨日知ったことですが、暖炉があったのは、私達が住んでいる共同住宅の中でも我が家だけだったようです!もうすっかりなくなってしまい、ちょっぴり残念ですが、その分部屋を広く使えるようになったと思って、今は模様替えのことを考えています。

結婚記念日のお祝いコメント、ありがとうございました。
煙突掃除屋さんのお話はなかなかいいお話ですよね。私達の結婚式の日に来なければ知らなかったお話かもしれません。偶然とはいえ、来てくれた煙突掃除屋さんに感謝です(^^)
by poziomka | 2006-08-16 02:31 | 日常 | Comments(9)