ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

聖体節(Boże Ciało)

話がさかのぼりますが、6月15日は聖体節(Boże Ciało)というカトリックの祭日でした。

このことについては、私のHPの方に以前記しましたので、そちらも合わせてご覧ください。
([友美]-[ポーランド小話]-[1年目]-[Boże Ciało(ボジェ・チャウォ)]にあります。)

聖体節は復活祭の日より50日目に行われる聖霊降臨の祝日(三位一体の祝日)後の木曜日に行われるカトリックの祭日、ということで、毎年日の変わる復活祭と同様、この聖体節も毎年日が変わります。

今年もまた我が家に面した道を、夕方5時にprocesja(=プロツェッスィヤ(カトリックのシンボルである聖母マリアのタペストリーや台座を掲げ、神父さんはお祈りを唱えながら教会から教会へと歩いていく行列のこと。教会関係者だけでなく、一般の人もそれについて歩いていく。))が通ることになりました。

以前にも、「毎年この日は天気が悪い」と書きましたが、今年もやはり天気が悪かったです。それでも、夕方には少し晴れ間も見えて、良かったと思います。

私行列には参加せず、窓から写真を撮ったので、ご覧ください。

e0039206_23523618.jpg


e0039206_23524983.jpg


こちらはポズナンのシンボルともいうべき「バンベル」の民族衣装です。↓
e0039206_2353359.jpg


子供達はかわいいですね。↓
e0039206_23531560.jpg


e0039206_23532840.jpg


女の子達は合図に従ってきれいなお花をまけるので嬉しそうです。↓
e0039206_23534048.jpg


e0039206_23535451.jpg


こちらはお香(?)をまく人達。↓
e0039206_235479.jpg


e0039206_23542156.jpg


歩きながら音楽を奏でる楽隊の方々。↓
e0039206_23544016.jpg


たくさんの人々が参加していました。↓
e0039206_23545786.jpg


聖餐台の前では立ち止まり、神父さんの祈りの言葉に合わせてひざまづき、祈りを捧げていました。↓
e0039206_23551099.jpg




e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2006-07-05 23:55 | 日常 | Comments(0)