ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

Lany poniedziałek(復活祭関連)

復活祭の翌日、17日(月)もポーランドでは引き続き祝日です。

Lany poniedziałekと呼ばれるこの日は日本語では「水かけ月曜日」とでも訳せます。

「水かけ」という言葉からも想像できるかもしれませんが、この日は男の子が好きな女の子に水をかけて、水をかけられた女の子は結婚できる、という微笑ましい習慣がありました。

しかし、最近では、子供達だけでなく、スキンヘッドの男性グループなどが通行人には誰でも構わずバケツにいっぱいの水をかけるようになり、特に女性は外出すると危険な日となってしまいました。

私達も一度この月曜日に外に出たことがあるのですが、私がアジア人で目立つということもあるのか、3箇所くらいで危険な目に合いました。アパートの横を通っている時に上から急に水が降ってきたり・・・。
幸い水はかかりませんでしたが、それ以来「水かけ月曜日」には外出はするまいと決めました。

この日の夜、ニュースを見ましたが、今年は街中で水をかける人は例年に比べて少なかったそうです。というのも、見かねた警察が、今年から高額な罰金を取ることにしたからです。

せっかくの風習が、罰金の話にまで発展したのは残念ですが、これでまた昔のように(といっても私は昔のことを知りませんが)、微笑ましい習慣に戻って欲しいと思います。

今日の写真は、かわいく復活祭の飾り付けがされているお菓子屋さんのショーウィンドウです。
e0039206_030947.jpg



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
(過去最高の107位まで上昇したようです!いつもありがとうございます^^)
[PR]
Commented by フデ at 2006-04-19 07:54 x
 ポーランドのイースター明けの水かけについては、ずっと以前にテレビで見たような気がします。
気になったのは、スキンヘッドの人が誰にでも水をかけるということです。
ネオナチですか?不良グループみたいなのでしょうか?
もともとの風習はかわいらしい他愛ないものだったのにね。
なぜそういう迷惑なことをするのでしょう?(あなたに聞いても困るよね。)

もちろん、日本でも困った若者がたくさんおりますが
青少年の問題はどこでも大変なのかもしれません。

イースターの飾りはとっても楽しいね。ウサギやニワトリやひよこが活躍するんですね。
Commented by poziomka at 2006-04-19 17:58
フデさん、
そうです。ポーランドでは「スキンヘッド」=「不良グループ」のように受け止められています。この時期はやはりまだまだ寒いので、いきなりバケツで水をかけられたら、絶対肺炎など起こしてしまいそうです(><)

イースターの飾りはかわいいですよね~。
イースターのカードもかわいくて、送らずに記念にとっておいてあるのが何枚かありますよ。
Commented by ズブリ坊や at 2006-04-20 18:17 x
こんにちは!
私は「水の月曜日」に、どうしても用事があって何回も外出しなければならず、ひやひやしながら家を出ました。でもいつもと様子が違い、バケツを持った子供達の姿がないので、おかしいなと思いました。そうだったんですか。警察が罰金を科すことにしたのですね。
結局私も被害にはあわなかったのですが、ほっとする反面、ちょっとさびしい気持ちにもなりました。ぽじょむかさんが書いてらっしゃるように、もともとは幸せを意味するほほえましい習慣ですものね。
Commented by poziomka at 2006-04-21 04:26
ズブリ坊やさん、
やはり、全国的に水かけが少なかったのですね。
夫の子供の頃は、せいぜい小さな瓶に水を入れてパシャパシャかけあって遊ぶという微笑ましいものだったそうです。それが、今ではバケツになってしまって・・・。大きな水鉄砲などを持っている子供を見かけたこともありましたね。
夫もこんな感じになってしまったことを寂しく思っているようでした。
Commented by アンダルシアのtorres8 at 2006-04-23 16:31 x
アンダルシアのtorres8です。
日記にセマナサンタのことを書きました、お時間ある時にぜひご覧ください。
ほかに、わたくしは、ブログにアンダルシアの生活写真を多数のせております。
by poziomka | 2006-04-19 00:30 | 日常 | Comments(5)