ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

Wielkanoc(復活祭関連)

4月16日(日)は復活祭でした。

復活祭はポーランド語では「Wielkanoc」。直訳すると「偉大なる夜」となります。
イエス・キリストが復活する偉大なる夜、という訳ですね。
正確には聖土曜日から復活祭に日にちが変わる夜中の12時に復活するのですが。

それで、聖土曜日の夜には教会でミサが開かれます。私も以前、夜9時から開かれるそのミサに行ったことがありますが、たくさんの人が集まるのと、このミサがとても長く(夜中の1時過ぎまで続くそうです。以前に行った時は途中で帰ってきてしまいました。)、しかも夜なのでとっても寒いのです。
ということで、今年は夜のミサに行くのはやめました。

その代わり、復活祭当日の午前11時からのミサに行ってきました。

金曜日、土曜日と悲しみに打ちひしがれていたのが嘘のように、明るい聖歌と教会の飾りつけに、私も何だか嬉しい気分になりました。

キリストの復活=新しい命の象徴=春というイメージが頭の中に浮かびました。
残念ながら今年の復活祭は変な天気で、朝から雨が降り出しそうな曇り空で、しかも夕方からは本当に雨が降ってきました。

さて、クリスマスでは、イブの日の夕食が一番大事なご馳走であるように、復活祭では復活祭の朝食が一番大事なご馳走になります。

クリスマスイブではopłatekという聖餅を分け合ってお互いにお祝いの言葉を交わしますが、復活祭ではゆで卵を分け合います。
e0039206_18303072.jpg


こちらが我が家の復活祭の朝食です。
e0039206_18312236.jpg


少し見づらいと思うので、拡大してみると・・・

↓ こちらはパン、ハム、サラダです。
e0039206_1832046.jpg


↓ こちらはビゴスとgalaretkaという煮こごりです。
e0039206_18342571.jpg


後は一枚目の写真の左に少し見えている白ソーセージ。

これらを少しずつ全部食べるととてもお腹がいっぱいになります。
でも、金曜日、土曜日とお肉を食べないで我慢した分、お肉やハムがとてもおいしく感じました。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加してみました。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
Commented by andrzej11 at 2006-04-17 20:57
ポーランドの普通の家庭の復活祭の様子が分かって興味深いです。
ゆで卵を分かち合ってを食べるのですね。実は今朝、ポーランドから、イースターの写真が多数送られてきまして、ブログ(HPは間に合わない)に入れました。
猫柳の写真も来てます。今までにも見たはずなのに、気がつきませんでした。
友美さんの説明でやっと分かることがあります。写真は載せていいよ、と山ほど届きますが、説明はありませんので。(忙しくて書く暇はないようで)
そうやって見ると、各家庭で少しずつ違うようですね。B家ではとにかくお菓子が多い。奥さんがケーキを作るのが大好きなようです。
 私は長年福音派の教会へ行ってましたので、復活祭のことは聖書的には知っていますが、色付き玉子や金曜土曜に肉抜きの食事などといった「風習」は全然知りません。カトリックとは違うのでしょうけど、土地に根ざした古くからの風習なんだなあと思います。
Commented by noel at 2006-04-17 21:40 x
こんばんは。イースターのお料理美味しそうで・・お腹がなりそうです。
「にこごり」や「白いソーセージ」など初めてみてワクワクします
にこごり・・・はやっぱり、口に入れるとトローリ・・となるんでしょうか?
私のほうとの共通の食べ物は・・・「ゆで卵」です・・・♪受難週の一週間が厳粛な心で過ごしていた分、イースターはお祝いの朝・・というのがイイですね。
こちらのブログとリンク貼らせていただきましたが、コメントなど・・ご確認いただければ幸いです。
Commented by andrzej11 at 2006-04-17 22:18
訂正 すみません。
色付き玉子は日本のプロテスタントの教会でもよくやっています。でもせいぜい二色塗りであんなにきれいではありませんが。
またトールペイントで木型玉子に美しく塗るのが流行っているようですが、宗教的ではなく装飾としてでしょうし。文化の違いをつくづく感じます。
Commented by poziomka at 2006-04-19 00:36
フデさん、
Bさんからは私の所にも何枚か写真が送られてきました。でもフデさんの所には違う写真もあったので、楽しく見ました。

卵に色をつけるのは、学校でも子供たちが皆一緒にやるみたいです。夫からいろいろと話を聞いて、私もやってみたくなってしまいました(^^)

復活祭の一連のお話を興味深く読んで頂けたようで嬉しいです。
やはりこういう家族で祝うような行事は、本などで読むよりも実際に体験しないと感じられないことも多いですね。私が感じたことがうまく伝わっていたら幸いです。
Commented by poziomka at 2006-04-19 00:39
noelさん、
ポーランドの煮こごりは日本のとは少し違って、とろーり、というより、もっとゼリーのようにぷるぷるしています。レモンやお酢をかけて頂くのですが、お肉がたくさん入っているのにあっさりしておいしいです。

リンクして頂き、ありがとうございました!
またお邪魔しますね。
noelさんもまたいらしてくださいね!
Commented by sweet-buchan at 2006-04-20 00:49
ううー、お料理おいしそう!全部食べてみたいー
クリスマスのお料理とはまた違うんですね。
テーブルクロスも春らしくて素敵ですね~!
Commented by poziomka at 2006-04-21 03:55
buchanさん、
全部食べるとかなりお腹がいっぱいになりますよ~。ビゴスなんて昨日まで毎日食べていました。しばらく食べなくてもいいかも~なんて。贅沢な悩みかな?
クリスマスには肉料理は食べられませんが、復活祭は思いっきり肉料理がメインです。もちろん卵もですが。今は魚が食べたい気分です(笑)
by poziomka | 2006-04-17 18:36 | 日常 | Comments(7)