ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

-20度体験レポート

今週は忙しくて全く更新できなかったのにもかかわらず、たくさんの方にブログを見て頂いていたようで嬉しいです。やっと仕事も一段落したので、これからまたこまめに更新していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、ポーランドとは全く関係のない話ですが、昨日(1月27日)はモーツァルトの誕生日で、生誕250周年記念コンサートが生まれ故郷のザルツブルクで開かれていましたね。
ポーランドでは、先日毎日のようにショパンコンクールを放送していた同じチャンネルで「24時間モーツァルト」という番組を放送していました。昨日の朝8時から今朝8時までです。
私はいくら好きでもそんなには見られないので、夜のコンサートだけ見ました。
そのコンサートには日本人ピアニストの内田光子さんも出演されていました。実は私はその方を知らなかったのですが、モーツァルト演奏の第一人者の方なのだそうですね。
夫に「友美はショパンばかりだから」と言われてしまいました(^^;)確かにショパン演奏で有名なピアニストならすぐに何人か頭に浮かびます。
コンサートを聴きながら、せっかくヨーロッパに住んでいるのだから、今年はモーツァルトのオペラを何か見に行こうと決めました(^^)我が家の近くに有名なオペラ劇場があるのです。
留学中に初めて行って驚いたのですが、一番高い席でなんと日本円にして千円ほど!オペラなんて日本では高くてなかなか行かれませんよね。だから驚きです。
「フィガロの結婚」に行きたいな~と思っています。

前置きが長くなってしまいましたが、本題である「-20度体験レポート」に入りたいと思います。

ちょっと前の話になりますが、ロシアから大寒波が流れ込んできた1月22日。ここポズナンでも予報通り私が今までに体験したことのない気温を記録しました。

その日の朝、義母が温度計を見ると私を呼びました。
(ポーランドの家では大抵窓の外に温度計が取り付けられているのです。)

その温度を見て私もびっくり!!


e0039206_23154385.jpg



-20度?!?!?!


私がポーランドに住み始めた2001年から今までの間に体験した最低気温は-15度くらいだったと思いますが、それを下回る気温にとても驚きました。

日中もその気温はほとんど上がらず、チラの散歩へ・・・。

ドアを開け、一歩外に出た瞬間!

鼻が凍りました・・・。
鼻の中がしゃりしゃり音を立てるのです・・・!
目からは涙が出てくるし、頬はぴきぴき音を立てる感じで・・・。
マフラーでなるべく頬を隠すようにしましたが、つらかったです。

しかも、寒いと息をする時に肺が痛くなるというのも初めて分かったことでした。


最近また少しずつ暖かくなり始め・・・といってもまだ-10度以下ですが・・・外に出ても普通に息ができるようになりました。

ところで最近気がついたことですが、我が家の冷蔵庫には中の温度が表示されるようになっているのですが、「-18度」に設定されていました。


ということはあの22日の気温は冷蔵庫の中より寒かったということ・・・?!


貴重な体験をしたなと思います。
[PR]
Commented by alfayoko2005 at 2006-01-31 11:05
>内田光子さん

ショパンのCDも出されてますよ(ソナタ2&3)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009N2VGY/
Commented by poziomka at 2006-02-02 04:41
alfayokoさん、
内田光子さんのこと、お知らせくださり、ありがとうございます。
実はこの記事を書いた後、実家の母から「あんな有名なピアニストを知らないの?!」と言われてしまいました・・・。
ポーランドにもCDがあるかもしれないので探してみようと思います。

yokoさんのブログ、見ました。モーツァルトのテディベアかわいいですね。
by poziomka | 2006-01-28 23:22 | 日常 | Comments(2)