ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

ショパンのCD

昨年はショパンコンクールを記念してか、ショパンコンクールの前後にショパン関係のCDがいろいろと発売されていました。
私はそのうちの一つを夫からクリスマスプレゼントとしてもらいました。
それがこちらです。↓
Dzieła wszystkie Chopina  (ショパン全曲集)

*すみません。うまくリンクできないようなので、このページを開いたら、「Muzyka」というタブをクリックして、その後左の枠にこのCDのタイトルをコピーして入れ、「Szukaj」をクリックすると出てきます。
e0039206_20104346.jpg

e0039206_20111634.jpg


このページに書かれている紹介文を訳します。
---------------------
Seria płytowa Dzieła wszystkie Fryderyka Chopina w nagraniu wybitnych polskich artystów istnieje na rynku płytowym już od 45 lat. Intencją wydawcy niniejszego wznowienia było zgromadzenie dwudziestu płyt w jednym, niezajmującym zbyt wiele miejsca na płytowej półce - pudełku. Całość poza pełną prezentacją repertuaru Chopina, pozwala także poznać mistrzowski styl interpretacji jego muzyki. Wśród wykonawców znajdziemy tutaj najwspanialszych polskich pianistów i to różnych generacji takich jak między innymi Henryk Sztompke, Bolesław Woytowicz, Jan Ekier, Maria Wiłkomirska, Halina Czerny-Stefańska, Barbara Hesse-Bukowska, Regina Smendzianka, Lidia Grychtołówna, Władysław Kędra oraz Władysław Szpilman. W utworach z orkiestrą obok solistów usłyszymy również Orkiestrę Symfoniczną Filharmonii Narodowej pod batutą ówczesnego jej szefa - Witolda Rowickiego.

ポーランドの素晴らしい演奏者の録音によるフレデリック・ショパン全曲集シリーズは既に45年は市場に出回っている。これを再版することになった目的は、20枚のCDを、CD売り場の棚でもあまり場所をとらないようにと一つの箱に収めることにあった。これはショパンの楽曲を完全に紹介しているだけでなく、偉大な音楽家によるその音楽の解釈の仕方をも伺い知ることができる。演奏者はポーランドでも最も素晴らしいピアニストやばかり、しかも様々な世代のピアニストである。例えば、Henryk Sztompke、Bolesław Woytowicz、Jan Ekier、Maria Wiłkomirska、Halina Czerny-Stefańska、Barbara Hesse-Bukowska、Regina Smendzianka、Lidia Grychtołówna、Władysław Kędra そして Władysław Szpilman(訳注:ヴワディスワフ・シュピルマン;映画「戦場のピアニスト」はこのピアニストの物語です。)である。オーケストラとの共演作品では、ソロピアニストと共に演奏するのは当時の楽団長であるWitold Rowickiの指揮による国立フィルハーモニー交響楽団である。
-------------------------------

この紹介文にも書かれているように、これはCD20枚組みでしたが、どれも1950年代、1960年代など古い録音です。演奏は皆ショパンと同じポーランド人です。

たくさんあるのでまだ全てを聞いたわけではありませんが、有名な曲から、初めて聞いた曲まであり、とても楽しんで聞いています。
また、ショパンコンクールでの課題曲を聞くと毎日テレビで見ていたショパンコンクールを思い出しました。

それにしても、ショパンは若くて亡くなってしまったのに、こんなにも様々な曲を作っていたのかと驚きました。ショパンと言うとピアノ曲が有名ですが、オーケストラや他の楽器との協奏曲、歌曲などもありました。

日本ではこのCDは売り出されないのでしょうか。ショパンファンのたくさんいる日本ならきっとたくさんの人が買うのではないかなと思いました。

ところで、ショパンをそれほど好きではなかった夫ですが、ショパンコンクール以降特にショパンの曲を耳にすることが多くなったためか(主に私の影響なのですが^^;)、随分ショパンの曲を気に入り始めたようです(^^)
私はピアノが弾きたくなってしまいました。とりあえず手元にあるキーボードで少し練習です!
[PR]
by poziomka | 2006-01-13 00:38 | 日常 | Comments(0)