ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

クリスマスの風景(面白編)

ポーランドではクリスマス第1日目(25日)とクリスマス第2日目(26日)は祝日になるので、もうイブの午後からお休みになるお店が多いです。街を歩いていても、教会へ行く人はいますが、全体的に街はひっそりとしています。

さて、そんなクリスマスの街をいつものように散歩していて面白いものを見つけました。
e0039206_436282.jpg


少し小さくて分かりづらいかもしれませんが、「HOTEL RZYMSKI(ローマホテル)」の入口に貼られていました。
-----------------------
Hotel
NIECZYNNY  (ホテル休業)

Przerwa Świąteczna  (クリスマス休業)
Od 24. Grudnia od godziny 12:00  (12月24日12時から)
Do 27. Grudnia do godziny 10:00  (12月27日10時まで)
--------------------------
と書かれています。
ホテルというものは、クリスマスなどで休まないと思っていましたが、そういうことはないのですね~。驚きました。

気になるのは、このホテルが休業を決めたのは
1.この24日~27日の予約客が全くいなかったからなのか?
2.ずっと以前から決まっていて、予約したいお客様がいても断っていたのか?

ということです。
うーん、果たしてどちらでしょうか・・・?

ちなみに、24日~26日はレストランも閉まっているところがほとんどです。
特にイブは肉料理を食べないことになっているので、レストランを開けてもほとんどお客さんは来ないのでしょう。
それでも「世界のマクドナルド」は開いていました(笑)

もしこのクリスマスの時期にポーランドに旅行に来たいと思われている方は、レストランも、時にはホテルも(!)休業中だということを覚悟の上で決めた方がいいと思います(笑)共にクリスマスを過ごすことのできるポーランド家庭があれば別ですが。
それだけ、ポーランドではクリスマスは家庭的な行事であると言えるでしょう。
[PR]
by poziomka | 2005-12-28 04:48 | 日常