ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

今年のクリスマスのご馳走^^

楽しみにしていたクリスマスもあっという間に終わってしまいました^^;
エヴェリナのところにもサンタさんがプレゼントを持ってきてくれたようで、大喜びでした。

こちらではクリスマス当日の25日と翌日26日(クリスマス第二祝日)の2日間は祝日でお店はお休み、例年クリスマスイブの24日は午後からお店がほとんど閉まってしまいます。さらに今年はカレンダー上クリスマス祝日の翌日が土日とあって、29日の月曜日までは買い物ができないことを想定して、クリスマス前の買い物はいつも以上に大変でした。

クリスマスのお料理も間に合わないのでは、と心配になった瞬間もありましたが、夫にも手伝ってもらいながら無事に終了。おいしく食べて今年も大満足のクリスマスでした^^

<今年のクリスマス料理>
↓ イブの日は肉料理を食べてはいけないことになっているので、前日の23日、お昼用に「ギリシャ風魚料理(Ryba po grecku)」というのを作りました。使ったお魚は「Miruna」。調べてみたら、タラの一種のようです。フライにした魚の上に載っているのは、ニンジン、セロリを刻んで炒めたものにトマトピューレなどで味付けしながら少し煮込んだものです。たくさん作ったので、その後も朝食や夕食に食べていました^^;
e0039206_19472387.jpg

e0039206_19484996.jpg


↓ イブの晩餐のお料理その1-果物スープ
リンゴ、洋ナシ、プラム、レーズンなど様々なドライフルーツに砂糖やシナモン、グローブを入れて煮込んで作りました。当日はマカロニと一緒にいただきましたが、残りは翌日にコンポートとして食べました。
e0039206_1952664.jpg


↓ イブの晩餐のお料理その2-赤バルシチ
本当は赤ビーツを使って発酵させて作りたいところでしたが、発酵させるのに間に合わず、既製品を購入。来年は自分で作ってみたいものです。中に入っているのはuszka(小さな耳)という名前の、キャベツときのこ入りの小さな餃子のようなもの。
e0039206_1956593.jpg


↓ イブの晩餐のお料理その3-きのこスープ
きのこにニンジン、セロリを加えたスープです。
e0039206_1958852.jpg


↓ イブの晩餐のお料理その4-鯉のムニエルとキャベツ・きのこの煮込み
イブのメインディッシュはやっぱり鯉!骨が多いので、特にエヴェリナにあげるときに注意が必要で毎回ドキドキしてしまいますが、おいしいので大好きです^^
キャベツときのこの煮込みのほうは、ザウワークラウト(発酵キャベツ)ときのこを煮込んで仕上げにバターを入れるとイブの香りがしてきます。
e0039206_2002367.jpg


クリスマスイブには本当は12種類のものを食べなければいけないということですが、そんなに食べられず終了。

↓ 25日、26日に食べたクリスマスのケーキ。おいしいケーキ屋さんでケシのみケーキ(Makowiec)、リンゴケーキ(Jabłecznik)、チーズケーキ(Sernik)を買いました^^
e0039206_206259.jpg


↓ クリスマスの夜に食べたビゴスと白ソーセージ
キャベツと牛肉、豚肉、ソーセージ、トマトを煮込んで作るビゴスはたくさん作ったので、お正月用にも冷凍しました^^煮込めば煮込むほどおいしくなる冬の定番です。前にいくつかの雑誌でビゴスの作り方を紹介したことがあるのですが、作るたびに作り方が進化している気がします。
e0039206_2071594.jpg


あとは、26日のお昼に夫がおいしい豚肉の塊を使っておいしい煮込み料理を作ってくれたのですが、写真に撮るのを忘れてしまいました・・・。お正月にも作ってくれるということなので、そのときは忘れないようにしたいです^^;


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2014-12-30 20:10 | 日常 | Comments(0)