ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

復活祭の準備

春の始まりを告げるにふさわしい祝日、復活祭(イースター)。
今年は4月20日です。
とはいえ、ここ数日、気温は10度くらいあるものの、曇りがちだったり、雨模様だったり。
今日も雨で、肌寒い1日になりそうです。

さて、エヴェリナの幼稚園でも復活祭の準備が始まったようです。

先週の木曜日(10日)、いつものようにお迎えに行くと、お着替え室に向かいながら、興奮した様子で
「卵に2つ穴開けるの。先生がやるの見たの」
というようなことを早口のポーランド語でまくしたてます。

ちょうど同じ時間に帰宅するお友達も、同じようなことをお母さんに一生懸命話していますが、私もそのお母さんも訳が分かりません^^;

卵の準備を幼稚園でもうやったのか、それとも明日やるのか、または家で穴を開けて持っていくのか??

それでもう一度先生に聞きに行かせると、先生も一緒に説明してくださって、
「各自家で卵に穴を開けて中身を出し、イースターエッグ色付けの準備をして翌日持ってきてください」
ということでした^^

いつもなら、きっと経験済みであろう夫にやってもらうところですが、残念ながら(?)夫はグダンスクにいて留守。それで、先生にやり方をよく伺って、私が挑戦することに!

ポーランドに来てもう12年になりますが、イースターエッグ用に中身を取り出すのは初めてです。

1. まず、卵の上下に先のとがったもので穴を開けます。

2. それから、片方の穴を吹いて中身を押し出します。
中身の黄身を出すのには、楊枝も使ってみました。
e0039206_18101074.jpg


3. 最後に水ですすいで乾かします。
e0039206_18141518.jpg


4. 中身はハム入りオムレツとなって、私たちのお腹に消えました^^

割れてしまわないか心配でしたが、なんとか成功しました!
翌日の金曜日、幼稚園でこの卵に色付けをしたようですが、どんな仕上がりになったのかはまだ見ていません。見せてもらうのが楽しみです。



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2014-04-14 18:20 | 日常 | Comments(0)