ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

国際ヴィエニャフスキコンクール(バイオリン)

10月も終わりに近づき、ポーランドはだいぶ寒くなって来ました。
気がつけば木の葉も黄色に変わり、「黄金の秋」到来!

そんな中、ポズナンにおいて10月8日(土)~23日(日)の日程で、第14回国際ヴィエニャフスキバイオリンコンクールが開催されました。

ヴィエニャフスキコンクールといえば、私がポズナンに留学してきた10年前にも行われており、語学学校の仲間たちと見に行ったという思い出のコンクールです。

今回も見に行きたい気持ちはあったのですが、やっぱりまだまだエヴェリナを置いて音楽鑑賞、というわけにもいかなかったので、自宅でテレビで見ることにしました。
そんなにたくさんは見られなかったのですが、それでもエヴェリナがテレビを見てすぐに「バイオリンだー」と認識するくらい見ていたみたいです(^^;)

コンクールの結果は次の通りです。
1位 Soyoung Yoon (韓国)
2位 Miki Kobayashi (小林美樹さん・日本)
3位 Stefan Tarara (ドイツ)

日本人の方が2位になり、とても嬉しいコンクールでした。
ちなみに、本選に残った6名の中にはもうひとり弓新(ゆみ・あらた)さんという日本人男性の方もいました。

コンクール自体は見に行かれませんでしたが、町の雰囲気を写真に撮ってきたので、ご紹介します。

↓ メルキュールホテルにはコンクールの横断幕が貼られ、出場者のいる国の国旗がはためいていました。
(少し見づらいですが、右端に日本の旗が見えます。)
e0039206_143220.jpg


↓ そのメルキュールホテルの向かいの階段のところにもコンクールの横断幕が貼られていました。
e0039206_1442093.jpg


↓ コンクール会場となったコンサートホール入口。こちらにも国旗がはためいています。
e0039206_1451722.jpg


↓ コンサートホールの裏には、テレビ局やラジオ局の車がありました。
e0039206_1455467.jpg


↓ コンクールの最後を飾る入賞者コンサートを予告するポスター。
e0039206_1465086.jpg


↓ コンサートホールの全体像。
e0039206_1472968.jpg



5年後はきっとグダンスクにどっぷりつかっていると思うので、このヴィエニャフスキコンクールの雰囲気を味わえないのは残念ですが、テレビで鑑賞しながら懐かしさを感じられたらなと思います。

最後になりましたが、ヴィエニャフスキコンクールの公式サイトを載せておきます。
国際ヴィエニャフスキバイオリンコンクール



e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
Commented by masagata2004 at 2011-11-20 00:34
ポーランドでは日本の原発事故をどう報じていますか。
by poziomka | 2011-10-29 01:49 | 日常 | Comments(1)