ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

おひな祭り

前回の記事を見ると、マイナス17度、などといって凍えていましたが、もう3月も1週間が過ぎ、今朝はマイナス5度だったものの、日中の今はプラス2度くらいあります。
さらに、あさっては10度まで上がるとの予報が!
ようやく春の兆しが見えて来ました(^^)このままどんどん暖かくなってもらいたいものです。

さて、3月3日はひな祭りでしたね。
今年は偶然ポーランドの復活祭行事のひとつ、「脂の木曜日(Tłusty czwartek)」と重なったので、まさに「おいしい1日」となりました。

まずはおやつに大きなポンチュキ(ジャム入り揚げドーナツ)2つを食べました。
今年はエヴェリナにもお味見としてすこーしだけちぎってあげてみました。
虫歯にならないように、普段は甘いものはほとんど食べさせていないので、ちょっとびっくりしたような顔をしていましたが、「おいしーい♪」といいながら、ムシャムシャ食べていました。

そして晩ご飯には今年もスモークサーモンでちょっとしたお寿司を作りました。
e0039206_22293392.jpg


卵焼きも作ってみました。 ↓
e0039206_2230596.jpg


エヴェリナには、錦糸卵風の卵とスモークサーモンを少し切って、寿司飯と混ぜてちらし寿司のようなものを作ってみました。
e0039206_22314188.jpg

(写真を撮る前にエヴェリナが「わーおいしそう~」といいながら食べ始めてしまったので、エヴェリナの手が入っています^^;)


お寿司を作るときはいつも普通にポーランドに売られているお酢を使って酢飯を作っていたのですが、今回、初めて日本の穀物酢を買ってしまいました!
e0039206_0152951.jpg

(ポーランドでミツカンのお酢が買えるなんて、なんだか感動してしまいますね^^)

ところで、ご飯のほうは、なんとポーランドで購入した電気釜を使いました!

これまでは、数年前にポーランドに留学していて、義母のお友達から紹介された私と同い年の女性が、日本に帰国される際に、私たちにくださったものを使っていたのですが、おそらく寿命で壊れてしまったのです(涙)

そんなとき見つけたのが、こちらの電気釜 ↓
e0039206_23484642.jpg


Rossmann(ロスマン)というドイツ系のドラッグストアで売られているのを、クリスマス前のある日、買い物に行った際に発見。
50ズウォティ(=約1500円)というびっくりな(安すぎる?)値段で売られていたので、あまり信用せず、しかもそのときはまだお釜が壊れていなかったので、「へ~、こんなのが売っているよ~」程度で眺めていました。
しかし、そのわずか2ヶ月後に故障。近くの電器屋さんでも電気釜など見たことがありませんでしたし、今のところ日本に行く予定もないので、1500円くらいなら、失敗してもあきらめがつく、と思い、このRossmannの電気釜(Rice cookerと箱に書かれていました)を買ってしまいました。
クリスマス前に見たときは特別価格で安かったようで、4ズウォティ(=約120円)ほど高くなっていたのがちょっぴり残念(?)でしたが・・・。

この電気釜、開けてみると中身はこんな感じでした。↓
e0039206_23565322.jpg


野菜を蒸すこともできるそうで、なかなかいい買い物をしたと思いました。

そしてご飯を炊いてみてまたまたびっくり。
結構おいしくできたのです!

1500円のお釜なのに、こんなにおいしくできるなんて!

と思ってしまっているのかもしれないので、ポーランド在住の日本人の方にお勧め、と大きな声で言うことはできませんが、電気釜を買いたいと思っているポーランド人にはお手ごろ価格でお勧めしてもいいかもしれません。

少なくとも私たちは満足しています(^^)


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
Commented by xavier at 2011-03-08 04:03 x
それはお買い得でしたね!
Commented by poziomka at 2011-03-12 23:10
xavierさん、
1500円の電気釜なんて、ちょっとびっくりですよね(笑)
ダメもとで買ったのに、結構よくて、嬉しい驚きでした。
by poziomka | 2011-03-07 22:36 | 日常 | Comments(2)