ブログトップ

poziomkaとポーランドの人々

お墓参り

ちょっと前の話になりますが、ポーランドでは、11月1日が万聖節(諸聖人の日)、2日が死者の日で、日本のお盆にあたるような日です。
その日には、多くの人がお墓参りに訪れ、今は亡き人のことを思うのです。

私達は今年は一足早く、10月31日に行ってきました。
本当はエヴェリナも連れて行きたかったのですが、寒かったことと、トラム(市電)で行くのに、満員の車内にベビーカーを押して入れないかもしれない、という不安から、義母に預けていくことにしました。

夫の親類が眠る墓地は、森の中にあるので、すっかり黄金の秋で、黄色の葉があちこちに舞い落ちていました。

e0039206_042345.jpg


私達と同じように考えた人が多かったようで、墓地にはたくさんの人がお参りに来ていました。
私達は、「来年はエヴェリナも連れてきますからね」と約束して、お墓を後にしました。

お墓参りといえば、よく考えてみると、私がポーランドでお墓参りに行くのは実に3年ぶりでした!
というのも、一昨年は日本滞在中、去年はエヴェリナがまだ小さすぎたので、夫と義母だけがお墓参りに行き、私はエヴェリナと一緒にお留守番していました。

墓地はそんなに変わらないもの、と思っていましたが、トラムの停留所から墓地の入口まで新しい地下通路ができていたり、墓地の前でお花やろうそくを売っている人が増えていたり、と随分変わっていて、驚きました。

今年はいいお天気だったので、来年もいいお天気になって、エヴェリナと一緒に来られるといいなと思いました。


e0039206_2445270.gif ← 人気ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
[PR]
by poziomka | 2009-11-10 01:02 | 日常 | Comments(0)